FC2ブログ

かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

着火剤の試験をする。

キャンプ用品の軽減、災害時の自炊のため、着火剤を使った炊飯を試している。今回オリンピックというホームセンターで圧縮木材繊維(ワックス含有)9Pで140円。結果は今までの固形アルコールに比べ煤が多く出て、なべを汚すという問題がある。8月9日。

DSCN6513.jpg
▲圧縮木材繊維(ワックス含有):

DSCN6514.jpg
▲ポケットストーブに設置:ポケットストーブ(9.7cm×7.3cm×2cmとタバコの箱を少し大きくした大きさの)

DSCN6515.jpg
▲着火する:3P で30分使える。煤が出る。

DSCN6516.jpg
▲ビニル袋に米と水(1:1.2)を入れ炊く。

DSCN6520.jpg
▲約30分で炊きあがる:美味しい。

DSCN6521.jpg
▲残り湯の利用:缶締めを暖める+味噌汁+インスタントコーヒーを作る。
スポンサーサイト

真夏の低山(臼杵山)山歩き

毎週智光山公園野草園で整備ボランティアに参加しているO氏とA氏と私で奥多摩の低山の森林を楽しんだ。
私は非常識行動を期待し、真夏の低山山歩きに参加した。
コースに木漏れ日の下が多く、意外に快い風が吹いていて快適だった。登山道のクロモジ・コアジサイの多くが歓迎してくれた。平日なのに単独行の若い女性に会え皆感激した。瀬音の湯で裸の付き合い、アルコールの付き合いを楽しんだ。8月7日。

コース・タイム
檜原街道 元郷バス停・登山口・32℃(9:24)-テレビ中継アンテナ設置場所・28℃(11:22)ー(12:32)臼杵山頂上(12:45)-荷田子峠(14:38)-瀬音の湯(14:50)

DSCN6483.jpg
マツカゼソウ:臼杵山山頂前。

DSCN6487.jpg
ウバユリのツボミ:臼杵山山頂前。

DSCN6489.jpg
▲ヤマザクラ(左)ホウバノキ(右)のお近づき。(中央の幹が食い込んでいる)

DSCN6493.jpg
▲急な岩場も快適に登っている勇者達:

DSCN6501.jpg
▲グミ尾根から見た武蔵五日市駅付近

DSCN6506.jpg
ヒヨドリバナ:グミ尾根。

DSCN6503.jpg
コウヤボウキ:グミ尾根。

8月の家計菜園の様子

真夏の野菜を収穫しています。

DSCN6467.jpg
▲スイカの様子:赤い小玉スイカを種から育てたもの2株。赤い小玉スイカの苗を購入1株。黄色い小玉スイカの苗購入1株。合計4株で約20個のスイカがなっている。収穫適期を判断するため、交配し小さな実が付いたら、この日にちを書き、近くの棒に付けて置く。収穫適期になったらカラス対策ためプラスチックのかご(100円/個)を被せる。8月6日。

DSCN6478.jpg
▲黄色いスイカの適期:8月6日。

DSCN6480.jpg
▲割ってみたが種が黒くなっているにで適期の様だ。食べて美味しかった。近くにスーパーに黄色いスイカが売っていないので貴重だ。8月6日。

DSCN6474.jpg
▲キュウリの佃煮:Yさんから紹介され妻が作ってみた。キュウリが豊作で処分に困っていたので助かる。15本使い作り、食べてみると美味しい。8月6日。

DSCN6512.jpg
マクワウリを収穫:8月9日。15個ぐらい収穫できそうだ。

DSCN6529.jpg
▲3回目のキュウリの苗:タマネギの後に蒔き、防虫網でウリバエを防ぎ21日に防虫網を外す。順調そうだ。

DSCN6534.jpg
黄金ゴマ:開花し順調に種を付けている。8月21日。

DSCN6535.jpg
▲更新したナス苗:6-7月に収穫していた苗が実が付きにくくなったので、8月に更新剪定をし順調に育っている。8月21日。

DSCN6536.jpg
長柄三角草ヌキ ホー:真夏で雑草が大活躍している。除草は長時間続けると加齢で腰が痛くなるので、この農機具を使う。
右上の長い柄にV字型金属が付いていてこれで雑草を掘り起こしたり、小さな雑草苗はかき取る。主根が長いコニシキソウは最適だ。

DSCN6537.jpg
▲コニシキソウを掘り起こす:猛暑日に掘り起こしていくと殆どの雑草は1日で枯れる。花が咲いている雑草や種の付いている雑草は回収する。

DSCN6525.jpg
スベリヒユ 18日:難敵はスベリヒユで猛暑日でも枯れにくい。掘って根を上に向けてある。

DSCN6528.jpg
スベリヒユ 20日:夜に雨になったが枯れる様子はない。他の雑草は全滅する。

DSCN6541.jpg
スベリヒユ 22日:毎夜、雨に会うがしおれる様子がなく、元気になった様だ。ど根性精神を見習いたい。食用になるので食べて元気をもらおうか?







沢歩きで涼しさを満喫する

猛暑日が続きそうだ。妻と一緒に名栗湖の奥の白谷沢で涼しさを満喫した。すでに色々な人と5-6回に歩いているので慣れたコースだ。登山口から8℃涼しく、妻は満足満足。帰路、少し雨が降って来て驚いたが登山口に着いときは回復していた。8月1日。

コースタイム:=乗用車。
狭山自宅(8:45)=登山口(10:15)-白孔雀の滝(11:33)-登山口に戻る(13:06)

DSCN6466.jpg
▲白谷沢:白谷橋から見る。中央部分。33℃。登山口付近の駐車場は上部の岩崩対策のため工事中で、近くの駐車場を探し利用する。

DSCN6394.jpg
ボタンズル(牡丹蔓):登山口付近の車道で見る。

DSCN6405.jpg
イワタバコ1:滝に行く途中の湿った岩壁に開花。木漏れ日の下なのでベストな撮影状態でない。

DSCN6410.jpg
▲F1(滝1)の意味:最初はるか下方を流れていた白谷沢の滝が目の前に現れる。ここをF1の滝と命名する。10:41.

DSCN6412.jpg
▲F2:10:46.

DSCN6415.jpg
▲F3:10:49.27℃。

DSCN6416.jpg
▲F4:10:51.両岸に岩壁がある最初の滝(ゴルジュ)

DSCN6417.jpg
▲F5:10:56.26℃

DSCN6424.jpg
イワタバコ2:少し開花適期を過ぎていた。

DSCN6434.jpg
▲F6:11:08。26℃

DSCN6437.jpg
イワタバコ3:

DSCN6442.jpg
▲F7:11:18.25℃。両岸に岩壁がある2回目の滝(ゴルジュ)。妻は中央の滝に沿い登ると聞き、驚く。

DSCN6444.jpg
▲F7:11:27.25℃。F7を上流から見る。左側に登って来た鎖が見える。

DSCN6448.jpg
イワタバコ4:F7上流部はイワタバコの岩壁の様に多く生えている。開花適期に来てみたい。

DSCN6452.jpg
▲F8:11:33。白孔雀の滝を上流から撮影。以後同じ規模の滝が100個ぐらい続くので引き返す。

DSCN6450.jpg
タマガワホトトギス:開花適期を過ぎ、わずか1輪咲いていた。

DSCN6465.jpg
▲帰路、やさしく手招きしてる木と出会う。

南側から半日サイクリングで柏木山に登る

7月13日に柏木山の北側から登る。本日は途中小雨模様だったが南側から柏木山に登ってみた。
県道221の途中飯能窯への道に入り苅生(カロウ)から入る。両コースとも途中でさまよい、時間差は判らないが自転車で奥まで入れ面白いコースだ。7月21日。

コースタイム:=マンテンバイク36km。
狭山自宅(8:47)=飯能窯入口(9:50)=柏木山入口(10:04)=カモシカ広場(10:20)=カモシカ新道ー(10:46)柏木山(10:50)=カモシカ広場(11:12)=柏木山入口(11:40)=狭山自宅(12:29)

DSCN6349.jpg
▲飯能窯:駐車場が2か所あり広い。

DSCN6352.jpg
▲柏木山入口:

DSCN6357.jpg
チダケサシ:途中の休耕田跡に有り。

DSCN6359.jpg
▲カモシカ広場:ここより林道。両側に小さな沢があり真夏は涼しそうだ。

DSCN6371.jpg
▲久しぶりの林道:小雨気味なのでヌカルミでMTBが汚れる。

DSCN6360.jpg
▲カモシカ新道:ここから徒歩で登る。今回もカモシカに会えず。日曜日なのでお休みか?

DSCN6363.jpg
ヤブカンゾウ:山頂付近で見られる。

DSCN6367.jpg
ギボウシ:正確な名前は判らない。山頂付近で見られる。

DSCN6365.jpg
▲チコチャン(NHK番組の人気者)のベンチ:山頂にあり。

DSCN6366.jpg
▲賑やかな山頂:残念ながら登山者には会えなかった。