かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

御岳山にレンゲショウマを見に行く。

レンゲショウマの開花適期には多少遅かったが、妻と一緒にケーブルカーを使い楽々山登りをする。
帰路、御嶽駅で年賀状だけの付き合いになってしまった山登りのT先生に偶然お会い出来お互いに感激、神様にお礼を言った。山の本を書いていて、最近山と渓谷社で出版した「日本100霊山」を紹介されたので読んでみたい。9月9日(土)

コースタイム
御岳山山頂駅(10:15)-富士峰園地(レンゲショウマ等観察)-(10:55)武蔵御嶽神社(10:59)-ロックガーデン入口(11」10)-ロックガーデン見学・昼食-ロックガーデン入口に戻る(12:51)-御岳山山頂駅(13:25)

DSCN7969.jpg
レンゲショウマ:うつむき加減咲いていて、白と紫のグラディションが素晴らしい。

DSCN7973.jpg
オクモミジハグマ:風車のような花で、花が3つ集まっているものが多い。

DSCN7974.jpg
ヤマジノホトトギス

IMG_20170909_110509.jpg
フジクロセンノウ

IMG_20170909_110721.jpg
キバナアキギリ:花の形が、桐の花に似ている。サルビアにも似ている。

IMG_20170909_113405.jpg
ノブキ:フキの葉に似ているためこの名がつく。秋には種子がズボンに付いてしまう。

IMG_20170909_114819.jpg
ロックガーデンの休憩所:土曜日で良い天気なので利用者が多い。

IMG_20170909_125515.jpg
ミヤマシキミ:秋には赤くなる。有毒

IMG_20170909_131347.jpg
トリカブト
スポンサーサイト

黒目川、柳窪遊歩道の下見を行う。

本日9月8日、9月20日に行う、狭山市植物友の会の観察会の下見をする。今回も大先輩のNさんと班長のAさんの3人で行う。
団地内の遊歩道なので植種に期待が出来ないので、早めに結論を出すため行う。

DSCN7951.jpg
ボタンクサギのつぼみ:開花すると花冠は5つに裂け4本の雄しべと1本雌しべが花の外に飛び出す。

DSCN7955.jpg
センナリホウズキ:左下に実がなっている。

DSCN7958.jpg
ハゼ欄の実:爆(はじける)蘭、三時草(午後3時に咲く)とも言う。3時前なのでつぼみと実きり写せない。

植種が少ないことと、大きくなってしまい刈り取ってしまって見られないので、今回の観察会に不向きなので代替えコースにする。

第3回クローバー43会を開催。8月18日

秋になると会長は川越祭りで超多忙になるので、8月18日に暑気払いを兼ね行った。
会場は前回の同じラ・ボア・ラクテで、Kさんがパワーリフティング、ベンチプレス(重量あげの一種)で今回は何と世界大会(ベラルーシで開催)で第3位に入賞し、貴重な銅メダルを持参頂いた。
また、Yさんは日本の山では飽き足らず、海外の山にも挑戦しています。今回はパプアニュギニアの4,000m級に14時間かけて登って来たそうです。参加者15人は2人から元気をもらいこの夏を乗り越える事にした。

DSC02308.jpg

狭山丘陵 菩提樹池里山保全地域の下見をする。

狭山市植物友の会で6日に実施する、狭山丘陵 菩提樹池里山保全地域の下見をする。大先輩のNさんと今年の班長のAさんと私の3人で行った。
場所は西武球場駅から15分位のゴルフ場と霊園に囲まれた場所だ。ここは豊かな湧水をたたえる菩提樹池(ボダイギイケ)、湿地、田んぼ、それを取り囲む雑木林で構成される谷戸の風景だ。そこでは初秋を迎えた様子が見られた。

DSCN7910.jpg
マルバルコウソウ:住宅地の堀沿いで開花。野生化したヒルガオ科、ツル性植物

DSCN7911.jpg
クサフジ:住宅地の堀沿いで開花。

DSCN7913.jpg
センボンヤリ:秋に細い茎が伸びその先に閉鎖花が付き蕾のまま受粉して実になる。

DSCN7916.jpg
アオハダの実:樹皮をこすると鮮やかな緑色の内皮が現れる事から名前が付いた。

DSCN7919.jpg
コウヤボウキの花:高野山でこの枝でほうきを作った事から名前が付いた。

DSCN7927.jpg
オトコヨウゾメの未熟果:実は赤色になり垂れ下がる。

DSCN7929.jpg
ナツハゼ:実の頂部にガクの跡が残っている。

DSCN7934.jpg
ウメモドキの雌木:

DSCN7938.jpg
カラムシ

DSCN7941.jpg
▲田んぼにが実っている:鳥よけの網とカカシで守られている。大雨などで収穫が減らないでもらいたい。

DSCN7942.jpg
オモダカ:田んぼの畔に生えている雑草。

DSCN7945.jpg
チョウジタデ

涼を求め、青梅街道奥多摩湖付近を走る

奥多摩湖西岸の「山のふるさと村」に格安キャンプ場があるようなので、自分の足で行けるか確かめたい。ついでに、青梅街道の7つのトンネルで涼を楽しむことにした。青梅から奥多摩に向かう時、多摩川の南岸にも2つのトンネルがあるのでそれも楽しむ。
多摩川南岸のトンネル(城山トンネル1,908m)は外気が32℃の時24℃と気持ちが良い。青梅街道の7つのトンネルは古いので漏水のシャワーが楽しめた。
105km走ったが、帰路、70km付近で右足がつってしまい苦労した。年とともに足の無理がきかなくなり、奥多摩湖へは日帰りは無理なので格安キャンプ場を利用することにする。

コース・タイム:=クロスバイク105km
狭山自宅(8:30)=御岳(10:00)=古里(10:30)=(11:40)小河内ダム・奥多摩湖・昼食(12:21)=狭山自宅(15:07)

DSCN7898.jpg
▲青梅街道から見た小河内ダム:最近の大雨でダムから放水している。何十回の見ているが初めての様だ。

DSCN7890.jpg
▲小河内ダムの内側:いつも水面に山肌が写る風景を見慣れているが今回は大雨の影響で水位が上がり山肌が見えない。

DSCN7895.jpg
▲テッポウユリ:野生化していて、小河内ダムの駐車場に咲いていた。

FC2Ad

まとめ