かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

富士山麓の山歩

5月の連休に関係無い生活を過ごしている。妻孝行のため、S信金の宿泊施設ユニティー・イン山中湖に泊まり、富士山麓の山を歩いた。平日の格安宿泊料と高速道路を使わない年金生活者の楽しみ山歩きパターンにしたい。狭山より1月程遅れ、4月中旬の山を楽しめた。今倉山の植物の名前の調査に戸惑ったが、KSさんの協力で判明し感謝する。


コース・タイム:=乗用車
〇19日(金)寺下二十六夜山(971m)
狭山自宅(8:25)=上野原市(10:25)=(11:15)寺下二十六夜山登山口(11:30)-(13:00)寺下二十六夜山・昼食(13:19)-登山口(14:30)=山中湖宿泊施設(15:30)
〇20日(土)今倉山(1470m)
宿泊施設(7:45)=道志の道=(9:00)道坂トンネル登山口(9:10)-今倉山(10:41)-松山(赤岩)展望台(11:40)-今倉山(12:30)—道坂トンネル登山口(13:40)=上野原(15:20)=狭山自宅(17:45)

寺下 二十六夜山(971m)

富士山麓に二十六夜山が2座ある。寺下と都留にある。今回寺山二十六夜山に登る。昔、住民が7月26日に山頂に登り祈願したようで、特に特徴のある山ではない。名前に特徴があり登ってみた。
登山口付近にはコクサギが目立ち、山頂付近はクロモジが良く目についた。
DSCN6949.jpg
▲沢沿いの道でフタリシズカに出会う。

DSCN6955.jpg
▲今回の山歩で唯一の色のついた花、ヤマツツジ

DSCN6966.jpg
▲頂上付近の樹林帯から見えた寺下二十六夜山

DSCN6961.jpg
▲山頂付近の樹林帯に咲いていた白い花の木。調査中

DSCN6956.jpg
▲頂上直下の二十六夜塔

今倉山(1470m)

手軽に登れ、富士山の展望コースらしく人気があり登山口の駐車場が混んでいた。時季外れのエーザンスミレが多く有名らしい。ここでもクロモジの木が目立った。

DSCN6978.jpg
▲宿泊施設より見えた富士山:登山道の雪が溶け、肉眼で見えた。

DSCN6995.jpg
▲山頂付近のブナの芽吹き:気持ちが良い

DSCN7017.jpg
▲松山(赤岩)展望台より見えた手前、三つ峠、中央は北岳

DSCN6998.jpg
▲今倉山から松山までアップダウンが多く苦しかったが珍しい花に会えた。ワチガイソウでしばらくの間見られた。

DSCN6986.jpg
▲今倉山から松山までアップダウンが多く苦しかったが珍しい花に会えた。ツルキンバイでしばらくの間見られた。

DSCN7009.jpg
▲今倉山から松山までアップダウンが多く苦しかったが珍しい花に会えた。ルイヨウボタン(類葉牡丹)で木漏れ日の場所で1株見た。
スポンサーサイト

鎌倉アルプスを歩く

山歩会で鎌倉アルプス(天園ハイキングコース)を歩く。曇りがちの天気であったが12名の参加があり新緑の鎌倉を満喫した。

DSCN6861.jpg
▲建長寺の境内のシャクナゲ

DSCN6869.jpg
▲勝上獄展望台で見た相模湾と裏側から見た建長寺

DSCN6871.jpg
▲登山道沿いに咲いたいたハコネウツギ

DSCN6873.jpg
▲天園休憩所付近から見た横浜の遠望

アカヤシオツツジを求め、奥武蔵 小持山方面に登る

去年4月15日に奥武蔵 蕨山に登り、アカヤシオツツジを楽しんだ。今年は少し奥の小持山方面に登ってみた。妻孝行のためウノタワ登山口まで車で入った。
苦労していったが、花数が蕨山の半分以下の様で残念だった。日曜日でお出掛け日和なので老若男女、愛犬に出会え素晴らしい1日であった。

コースタイム:=は乗用車
狭山自宅(7:40)=名郷経由ウノタワ登山口(8:52)-(10:10)ウノタワ(10:15)-妻坂峠分岐点(11:00)-大持山(11:15)-(11:55)途中で昼食を取り戻る(12:13)-大持山(13:00)-(13:55)ウノタワ(14:15)-ウノタワ登山口(15:05)

DSCN6486.jpg

ヒトリスズカ:ウノタワへの沢沿いで二輪草、ミツバコンロンソウ、ジロウボウエンゴサク、いろいろなスミレ、ハシリドコロ、ヤマネコノメソウそしてカタクリが歓迎してくれた。カタクリは小持山の途中まで見かけた。

DSCN6506.jpg
▲ウノタワの広場:海抜1,000m位なので1月遅れの様子だ。

DSCN6526.jpg
ブナの芽吹き:大持山方面に行く尾根で多くのブナの芽生えを見る。右下にミツバツツジが開花していた。

DSCN6533.jpg
▲途中、鳥首峠、蕨山方面が見える。部分的に雑木林の新緑が目立った。

DSCN6540.jpg
貴重なアマヤシオツツジ:大持山-小持山の中間地点。

DSCN6546.jpg
▲わずかに咲いてたアカヤシオツツジのバックが小持山

南房総 御殿山(363m)に登る

ATSUKI会で久しぶりに新緑の御殿山に登る。数年前の春、南から登り登山道沿いに発生した毛虫に驚いた。今回は北からのコースで毛虫とは無縁で春の新緑を楽しんだ。4月23日

DSCN6344.jpg
▲八重さくら、ツツジの背後に見える伊予ヶ岳

DSCN6360.jpg
▲頂上のアズマヤ、山頂はマテバシイに囲まれている。

DSCN6355.jpg
▲山頂での記念写真:背後に右が伊予ヶ岳、左が富山、その背後に東京湾、逆方向に房総半島南端と太平洋を望める。

DSCN6356.jpg
▲階段登山道:先の鷹鳥山の途中にある。約150段ありスダジイ、ツバキのトンネルで眺望がきかずバテタ。

DSCN6365.jpg
▲都会では大きな鯉のぼりとは無縁だがここでは健在だ。うれしい。

高麗の黒尾根から物見山(375m)へ登る

昭文社の奥武蔵・秩父の登山地図に高麗橋付近から小瀬名まで難路の点線で現わされている。黒尾根と言うらしい。本日は晴天で多少風が強いが登ってみた。高麗付近なので杉・桧の植林地帯だが時々雑木林地帯もあり新緑期が楽しみだ。
難路とあるが歩きやすい。しかし作業道が入り乱れ、道標がほとんどなく、コンパスが必要だ。物見山付近は平日なのに30分間に10人以上の登山者に出会ったが、黒尾根は2時間で1人の登山者きり会わず静かなコースなので今後も利用したい。
次回は東方の毛呂山町粕坂から物見山への難路を登りたい。

コースタイム:=クロスバイク、33km
狭山自宅(8:27)=高麗橋付近登山口(9:57)-小瀬名(11:04)-(11:13)物見山(11:18)-途中昼食・登山口(12;45)=狭山自宅(14:05)

IMG_20170317_095025.jpg
▲黒尾根:後方は日和田山・高指山の尾根。手前の杉並木が黒尾根。

IMG_20170317_095514.jpg
▲見落とし易い登山口

IMG_20170317_103842.jpg
▲高指山の鉄塔:左端後方。登山道に冬イチゴの苗が目立った。初冬は楽しみだ。

IMG_20170317_105536.jpg
▲登山路の途中にあった新所沢線66号送電線

IMG_20170317_111543.jpg
▲山頂の眺望:左側に高指山の鉄塔。右奥の白い建物が西武ドーム。山頂に山桜の株が多かったので4月が楽しみだ。

FC2Ad

まとめ