かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

ベニバナマンサクの街路樹

春になり、きれいな街路樹が目立つ。3月に青梅のカインズホームに行った時にベニバナマンサクの街路樹が蕾状態であった。4月21日に都道179号の日立の工場から青梅街道沿いを走って観察した。

DSCN6314.jpg
▲都道179号の日立の工場付近:すでに適期は過ぎ、散ってしまっているものが多かった。

DSCN6321.jpg
▲青梅新町付近:ここも適期は過ぎていたが、大分古い木の様で大きく育っていて、立派で存在感がある。

DSCN6323.jpg
▲狭山市水野にある老人ホーム武蔵苑新館の街路樹。連続して植えられているので見栄えがする。2-3年前に植えたものだ。
スポンサーサイト

ベニバナ トチノキの街路樹

狭山市役所前の県道にベニバナ トチノキが植えられている。5月にこの県道がベニバナ一色になる事を期待していた。しかし、株により開花期が違ったり、枯れて空いたままになっていたり、花数が少ない株があったり期待を裏切られた。

ベニバナ3
▲ベニバナ トチノキのアップ写真

ベニバナ2
▲市役所前に咲いていたベニバナ トチノキの並木(?)

ベニバナ1
▲場所により良く咲いている。隣の木は咲き終ってしまったのか? 残念だ。

エゴノキの街路樹

去年、昭和記念公園に行く途中の芋窪街道の一部にエゴノキの街路樹がある事の気がついた。またJRお茶の水付近の街路樹もエゴノキが使われているのに気がついた。
近所のエゴノキが開花しているので、訪ねてみた。

エゴノキ お茶の水
▲お茶の水駅付近のエゴノキの街路樹。部分的の開花していない木がある。5月4日

エゴゴノキ お茶の水アップ
▲お茶の水駅付近の街路樹のエゴノキのアップ。5月4日

エゴノキ 芋窪街道
▲芋窪街道のエゴノキ。5月7日。まだ開花前の蕾状態の株。なぜか蕾を多く持っている木は少なく、木自体が小さいので、数年しないと見栄えがしないと思う。

エゴノキ 芋窪街道アップ
▲芋窪街道のエゴノキは園芸種でピンク色をしている。ほんの一部が開花していた。5月7日

近所の街路樹を観察

春たけなわ、天気も良く、風が弱いので、近所の街路樹を観察しまくった。

ベニバナトキワマンサク箱根ヶ崎
ベニバナトキワマンサク:国道16号箱根ヶ崎駅入り口付近。府中街道のより植えてある間隔が狭く、存在感が大きい。

カイドウ
カイドウ1:国道29号バイパス、拝島大師付近。早い株は散っていた。

カイドウ2
カイドウ2:アップ写真

ハナズオウ
ハナズオウ:国道163号羽村街道、羽村高校付近。植樹したてなので、数年後が楽しみだ。

ボケ2
ボケ1:国道299飯能狭山バイパス新光付近。大幅に適期を過ぎてしまってい、新芽が出てきている株が多い。

ボケ1
ボケ2:来年は自宅のボケの咲き具合を持て訪ねたい。

府中街道 野口橋付近を走る

午前、霧雨のため、午後から府中街道の野口橋付近を走り、ベニバナ トキワマンサク、ハナモモを見つけてきた。これらの街路樹の間に若いハナミズキの苗が植えてあったので世代交代を考えているのかもしれない。

ベニバナトキワマンサク2
▲ベニバナトキワマンサクのアップ写真。

ベニバナトキワマンサク
▲手前にカイドウに花が咲いていた。ベニバナトキワマンサクの苗は規則正しく生えてなく、時々欠けている。

ベニバナトキワマンサク1
▲八坂小学校前のベニバナトキワマンサク:バックは満開のソメイヨシノ。

ハナモモ1
▲小川西町付近のハナモモ。

ハナモモ2
▲反対車線のハナモモ。苗が小さい。





FC2Ad

まとめ