かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

盆栽展、クリスマスローズ展を見に行く。

年金生活を過ごしていると、生活パタンが決まってきてしまう。本日は妻と都内の植物展を2か所(いずれも無料券)をはしごをし非日常生活を楽しんだ。2月16日

IMG_20180216_114206.jpg
▲非日常な昼食:回転ずしが日常だが、本日は銀座の2,000円寿司を堪能する。大きさに驚く。

IMG_20180216_123034.jpg
寒ザクラ:国風盆栽展を見るため東京都美術館に行く。公園に花は少ないので目立つ。入場券は盆栽の先生のMさんから頂く。

IMG_20180216_125057.jpg
カエデ:国風盆栽展は皇室でも出品しているハイレベルな展示会だ。見て理解可能な盆栽を紹介する。

IMG_20180216_124503.jpg
ウメモドキの実盆栽:秋に見られる赤い実を、環境を変え真冬にならせている。

IMG_20180216_125450.jpg
五葉松:松には無縁だが素晴らしい。

IMG_20180216_145251.jpg
▲クリスマスローズの世界展:入場券は毎月やっている新聞屋さんの読者向けサービスに当たっていただく。池袋サンシャイン展示場にて。受付は静かだが会場は熱気を帯びている。

IMG_20180216_141911.jpg
▲広瀬園芸(山梨県)が出品したクリスマスローズ:ホームセンターでは見られない珍しい花だ。展示販売コーナーは入場者のおばさんで混雑している。

IMG_20180216_142441.jpg
▲クリスマスローズふみ夜(東京都)が出品:ブルーの花弁はここだけみたいだ。家のおばさんはホームセンターに比べ高過ぎるので、見ただけで退場する。
スポンサーサイト

1月の東京都薬用植物園を見学

明日は久しぶりに雪が降りそうです。その前に厳寒期の薬用植物園を見学してみた。早春の花が少しずつ顔を出している。

DSCN9165.jpg
クリスマスローズ:温室裏の植木鉢で開花していた。

DSCN9167.jpg
ベニバナトキワマンサク:温室裏の植木鉢で開花していた。

DSCN9170.jpg


DSCN9174.jpg
フクジョソウ

DSCN9175.jpg
スノードロップ

★五日市の弁天山に行く

狭山市植物友の会の次回観察地を増やすため、1回目は五日市の横沢入里山保全地、2回目は五日市の都立小峰公園、そして今回18日は五日市の弁天山に行く。18日は4月並みの暖かい日の様なので良かった。しかし前日の雨のため、朝のうち霧が発生していた。コースは枯草とシダ・コケが中心で、春にならないと植物の芽が出てこない。春が楽しみだ。

コースタイム:=マンテンバイク、59km
狭山自宅・10℃(9:01)=五日市二ツ塚峠(10:34)=五日市駅(10:54)=弁天山入口(貴志嶋神社鳥居)(11:30)-弁天山・15℃(11:49)-(12:10)城山・昼食(12:25)-弁天洞穴-貴志嶋神社-弁天山入口(貴志嶋神社鳥居)(13:10)=五日市駅(13:28)=五日市二ツ塚峠(14:07)=狭山自宅(15:33)

DSCN9137.jpg
▲貴志嶋神社鳥居、右側がMTB。

DSCN9140.jpg
▲弁天山山頂:五日市内が見える。ツツジ・山桜の木が多い。

DSCN9143.jpg
▲城山山頂:五日市内が見える。

DSCN9146.jpg
▲マメズタ:

DSCN9147.jpg
▲ノキシノブ:

DSCN9149.jpg
▲弁天洞穴:

DSCN9153.jpg
▲貴志嶋神社:

DSCN9155.jpg
▲貴志嶋神社鳥居の隣の谷戸:

神代植物公園の本番観察会に参加

狭山市植物友の会の神代植物公園の観察会の下見を1月5日に行う。10日は本番の日で多少風が気になるが好天であった。11月の文化祭見学の縁で参加していただいた2名を含め、16人参加してくれた。5日の紹介以外の植物を紹介する。

DSCN9101.jpg
寒ボタン:園内の植物会館展示館にて。

DSCN9105.jpg
ヤクシマカンアオイ:黄色い花は珍しいそうだ。園内の植物会館展示館にて。

DSCN9113.jpg
オオバナワラビ

DSCN9114.jpg
リュウノウギク:枯れ始めている。f="http://kamaoutodoor.blog.fc2.com/img/DSCN9116.jpg/" target="_blank">DSCN9116.jpg
イチゴノキ

★都立小峰公園の第一回観察

狭山市植物友の会の次回観察地を増やすため、1回目に12月9日に横沢入里山保全地を観察した。
2回目は同じ五日市周辺の「都立小峰公園」を観察した。
付近の小中学校向けの観察地の様で、道標や看板がやさしく解説されている。この時期、多くの植物が枯れているので我々の観察地に適しているか判断できない。12月19日

コース・タイム =マンテンバイク:58km
狭山自宅(9:05)=五日市駅(10:59)=(11:35)小峰公園観察・昼食(13:15)=五日市駅(13:15)=狭山自宅(15:18) 12月19日

DSCN9012.jpg
▲小峰ビジターセンター:

DSCN9035.jpg
▲小峰ビジターセンターの玄関のムシロ:昔農家で使った雑穀を干すのに使ったワラのシート。右端は足ふきマット。

DSCN9032.jpg
▲公園の略図:左上が336m。

DSCN9015.jpg
▲中央の谷戸:シーズンには近所の親子で稲作が行われる。周辺は山野草の適地の様だ。

DSCN9017.jpg
クラマゴケか:里山尾根に行く前の雑木林で見つける。200-300m付近はヒノキの植林地帯が多い。

DSCN9019.jpg
ヤブコウジ

DSCN9020.jpg
▲里山尾根に登る階段。一気に227段。年寄りは登るだけで付近の植物観察は難しいと思う。

DSCN9026.jpg
▲桜尾根の展望台:中央後方が日の出山、中央前方が金毘羅山。手前が五日市駅付近の住宅街。

DSCN9029.jpg
ジャコケか:桜辻付近で見る。

FC2Ad

まとめ