かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

不老荘に珍しいお客様

毎週、日曜日の午後高齢者向けの体操教室「さくらの会」に参加し汗を流している。第3週日曜日は午前11時から1時半まで、稲荷山公園駅周辺のT大学の看護学部の学生さんが、高齢者との交流として、午前にお話会、血圧の測定、マッサージ、午後は舞台でフラダンスを踊ってくれた。2月3日に近所の中学生のブラスバンド演奏者の訪問以来で、雰囲気が春の様に明るくなった。

IMG_20180218_141654.jpg
▲体操教室:毎週15人程度で、主に下半身の簡単な筋トレを中心に1時間半位汗を流している。

IMG_20180218_140651.jpg
▲T大学看護学部学生のフラダンス1

IMG_20180218_140648.jpg
▲T大学看護学部学生のフラダンス2

スポンサーサイト

不老荘に入間野中の吹奏楽部を招待する

老人福祉センターの不老荘は60歳以上が利用する施設です。去年から近くの入間野中の吹奏楽部の招待を計画をしていたがやっと本日実施できた。いつも老人だけの施設が本日は女子中学生28人とその家族10余人で別世界の様な雰囲気に包まれ、驚いた。約50名の老人たちが、普段見られない自分のお孫さんの様な演奏者に拍手を送っていた。最後はふるさとを合唱して1時半から2時までと短かったが良い思い出が出来た。定期的に訪問してくれそうでうれしい。入間野中校歌、人生に涙あり(水戸黄門の歌)、上お向いて歩こう、ひよっこひょうたん島、そのままの君で、ふるさとを拝聴する。

DSCN9223.jpg
▲2名の司会者が演奏の紹介をする。

DSCN9227.jpg
▲生徒が指揮して聴かせてくれた。

DSCN9225.jpg
▲吹奏楽部顧問の先生が指揮して聴かせてくれた。
このステージはいつもお年寄りがカラオケを楽しむ場所です。前の方の席は遠慮深いお年寄りが来たがらず空いてしまって今一の雰囲気だった。

今年2回目の雪になる

2月1日の夜から3日の午前中、今年2回目の雪が降る。幸い前回より降雪量は少なく8-10㎝位と雪かきの手間が多少省けて助かる。

DSCN9219.jpg
▲家の南から撮影:

DSCN9220.jpg
▲家庭菜園の様子:またしてもビニルのトンネルが一部潰される。

久しぶりに大雪を体験する

1月22日、2014年2月14日の大雪以来の大雪を体験する。22日の午前から降り始め日付が変わる深夜まで降った様だ。
積雪は20-30cmで前回の半分くらいだが、身体が衰えてきているので、家の周りの除雪が重荷になつてきている。近所の除雪メンバーも世代が変わり、若返ってきている。

DSCN9182.jpg
▲表札が隠れてしまっている:1月23日。

DSCN9185.jpg
▲自宅の雪景色:生け垣の上の雪は30㎝位だ。1月23日。


DSCN9186.jpg
▲家庭菜園の雪景色:中央に雨戸の廃品で作った腐葉土作りの囲いが埋もれている。冬野菜栽培のビニルトンネルも押しつぶされ、掘り起こした。1月23日。


DSCN9191.jpg
▲水野の森、栗原林の雪景色:散歩者が少なく静かだ。1月24日。

DSCN9192.jpg
▲水野の森、宮岡林の雪景色1。中央の切り株が専用席でここでしばらく休憩する。1月24日。

DSCN9194.jpg
▲水野の森、宮岡林の雪景色2:1月24日。

不老荘でブラスバンドのコンサートを開催予定

2016年3月まで3年間、狭山市のシルバー人材センターから老人福祉センター「不老荘」に派遣されて、週2回働いていた。60歳以上の人が利用する施設なので、普段年寄りばかりだが、利用者のお孫さんが迎えに来たりすると明るい雰囲気になる。
そこで退職後、近所の中学校の先生やPTA関係の人達と不老荘の責任者の間に入り、ここで2月3日に同校のでブラスバンド部の部員の皆さんが訪問演奏をしてくれることになった。そのイベントにポスターが貼りだされた。

IMG_20180107_133806.jpg

FC2Ad

まとめ