かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

神代植物公園を下見する。

狭山市植物友の会で1月10日に神代植物公園で植物観察を行う。去年10月に植物観察に訪れたが、真冬のため再度、下見をした。植物観察に詳しいNさんと班長のAさんの3人が参加する。日当たりの良いところは早くも開花している植物がみられた。1月5日
DSCN9053.jpg
タイアザミのシモバシラ(植物多様性センター):根から枯れ茎に地下の水分が吸いあがり最低気温が氷点下になると枯れ茎の水分が氷リ、膨張し茎を破って氷が根の近くに付く。

DSCN9073 (2)
コシノカンアオイ:花期は3-4月だが、日当たりのせいか開花していた。右下の地味な花だ。

DSCN9082.jpg
ユキワリイチゲ(雪割一華):花期は3-4月だが、日当たりのせいか一部開花していた。花弁に見えるのは蕚片である。

DSCN9088.jpg
バクチノキ:葉を蒸留して薬用のバクチ水を取る様だ。カジノ施設に最適かな?

DSCN9084.jpg
レンギョウ:自宅にあるがまだ蕾状態だ。日当たりのせいか一部開花していた。

DSCN9090.jpg
ロウバイ(蝋梅):梅園にあり、蕾状態の品種があるので長く楽しめそうだ。

DSCN9092.jpg
シマサルスベリ:サルスベリ・ザクロ園にある。不気味に見える。適地は九州・沖縄・台湾の様だ。

DSCN9094.jpg
サボテン(青乱雲):温室の乾燥地植物室にあり、元気そうだ。
スポンサーサイト

メジロに再会

去年3月8日に開花した河津桜の蜜を吸いに来たメジロに初めて会った。今年も期待していたら5日から来てくれ、念願の番い(つがい)の写真が撮れ満足した。
サービス精神満点で1時間毎位に番いで来てくれモデルになってくれた。花と違いメジロは蜜を吸うため、次々新しい花に移動するので撮影に苦労した。

メジロ1
▲宙返りして蜜を吸っている。

メジロ2
▲河津桜の先端に止まっている。バックは雨戸。

メジロ3
▲これも宙返りをして蜜を吸っている。

メジロ4
▲河津桜に包まれ一休み。

メジロ5
▲ちょっと不自然だがやっと番いの写真が撮れた。満足 満足

続きを読む

メジロに初対面

満開状態の河津桜を見ていたら、メジロが番い(つがい)で蜜を吸いに来た。急きょ、3分間程度3-4m位の距離で10枚ほど撮影した。最初、チョロチョロ花の中にもぐっているので見つけにくき焦った。番いで撮れなく残念であったが朝から良い思いをさせてもらった。

メジロ1
▲メジロ1

メジロ2
▲メジロ2

メジロ3
▲メジロ3

2度目の智光山野鳥観察会に参加

今年も中高年向け野鳥観察会が智光山公園こども動物園老人福祉センター 宝荘の共催で行われた。
今年は13名程が野鳥の会の引率者等に案内され、少し寒かったが晴天の智光山公園のキャンプ場からひょうたん池付近の野鳥観察スポットで観察した。
幸運にも引率者が、今朝下見をして、あまり見かけない渡り鳥の「マミチャジナイ」が当公園のキャンプ場付近で休憩しているのを見かけたとの事。そこで最優先し現場に行き幸運にも観察できた。 その後、去年と同じようにひょうたん池で初心者向けのんびり観察できるカモやサギ類、ツムギをゆっくり観察した。残念ながら去年見たカワセミは鳴き声だけで姿は見られなかった。

野鳥観察会
▲ひょうたん池付近で野鳥観察

tori1.jpg tori2.jpg
▲左:マミチャジナイ。右:ツグミ

モデルさん見つかる

荒川サイクリングロードでトレーニングをしていた。やっと無料で野鳥のモデルさんが見つかる。

写真下1はヒバリで、羽根倉橋付近の草原で鳴いていて余り警戒していない様だった。
写真下2はヨシキリで、サクラソウ公園近くの並木でうるさく鳴いていた。仲間に縄張り宣言をしている様だ。
間違っていたらご指摘下さい。至急訂正します。

ヒバリ無題

ヨシキリ



FC2Ad

まとめ