かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

4回目の伊豆ヶ岳

本日、好天らしいのでトレーニングを兼ね伊豆ヶ岳に登る。平日なのでサイクリニストは少ない。名郷のサイクリニストの溜り場の万屋が空いていたので顔を出したら、店主の母親が花好きで話がはずむ。
県道53号から左に伊豆ヶ岳、右に古御岳が見える(写真下1)。山伏峠に自転車を置き登る。頂上付近の落葉樹林は4月には新緑で気付かなかったが、5月になると葉の色も濃くなり、葉も数が増え大きくなるので暗く感じ、眺望もきかなくなる。頂上では近所の小学校の校外授業らしく50人位が昼食を取っていて、うるさいのですぐ退散する。今回も古御岳に登り、ゆっくり昼食をとる。携帯の急須(写真下2)で緑茶を飲む。同じお茶でも緑の多い静かな山頂で飲むとよりおいしく感じる。
植物の花は山ツツジが殆ど散り、白いウツギの花(写真下3)が道沿いに沢山咲いている。ウツギ街道の様だ。また、歩いていると時々素晴らしい香りがする。そこにはガクウツギ(写真下4)が必ずあり、花を鼻にあて調べると素晴らしい香りがした。
また地盤が流されても残りの根で必死に生きているシデを見て感激した(写真下5)。

コース・データ =は自転車利用
狭山自宅(8:24)=(10:45)名郷(10:53)=(11:28)山伏峠(11:35)-伊豆ヶ岳山頂(12:23)-(12:50)古御岳(13:20)-(14:20)山伏峠(14:25)=名郷(14:40)=狭山(16:38)

青梅秩父線から見た伊豆が岳

緑茶のキュウス

ウツギ

調査中木

シデ





スポンサーサイト

晩春の稲荷山公園観察

昨日の狭山市植物観察会の稲荷山公園の観察会は天候不良が予想されたので本日に延期した。しかし本日も朝から風が強く、予報では午後から天気が崩れそうだった。会長の意向で手短に観察し解散する事にした。

晩春の公園は目新しい植物は少なくブタナ、コナスビ、チチコグサ、薄紫と白のニワゼキショウ等が目立った。そして、
写真下左はルリニワゼキショウで、花の中心部分が図鑑と異なるのが気にかかる。
写真下右はムラサキサギゴケで平均的に分布していた。
本日の観察目的のヒメコウゾは開花し終わり緑の実がなっていた。この花は赤紫の糸状の花柱が伸びてイソギンチャクの様な姿になる様なので、来年はもう少し早く来て観察したい。

ルリニワゼキショウ ムラサキサギゴケ

カンパニュラ等が開花

5月下旬になると気温が上がり我が家の庭の草花が開花してきて楽しい。

写真下1は青いカンパニュラ・メディウムで、釣鐘の形をしていて可愛い。背が高くなるので倒れない様に支柱を立てる。春に種を蒔き、翌年に春に開花する。現在来年開花する予定の種が発芽している。
写真下2は園芸種のユリで、5年ほど前家庭菜園仲間にもらい栽培し続けている。徐々に繁殖している。名前は不明です。
写真下3はタチアオイで、これも家庭菜園仲間にもらい栽培し続けているが繁殖力が旺盛で増えた苗は抜き取っている。人間は勝手な物で、繁殖力が旺盛な植物は大事にしないで雑草扱いする場合が多い。
写真下4はナツグミで、赤くなると食べられる。大昔市役所のイベントに参加しもらってきた。
写真下5は梅の収穫写真で、25年位の梅の木から約150個位収穫出来た。早速梅酒にする準備をしている。撮影5月30日

カンパニュラ満開

ユリ

タチアオイ

ナツグミ

梅の収穫



5月下旬の家庭菜園の収穫

我が家の家庭菜園の紹介
 4区画に分け毎年3区画を使い1区画を休耕地にする。休耕地は毎年ずらしていく。ここには腐葉土を作る囲いを置く。雑草防止のため、隣に黄金まくわ瓜の様なツル性植物を植え這わす(写真下1)。
 妻の料理に使う食材を作る。難しいが蒔く時期を変え、長い時間収穫できるようにする。

収穫物
 玉ねぎ:去年の晩秋に140株位の苗を植えたが、霜柱なので影響で120株位収穫出来る。晴天時に収穫し乾燥して車庫の天井につるす。カレーやトン汁で活躍する(写真下2)。
 ソラマメの収穫:塩ゆでで食べるとおいしかった(写真下3)。

家庭菜園

タマネギ

ソラマメ収穫



晩春に航空記念公園の花

久しぶりに所沢航空記念公園に行く。公園内の歩道沿いのサツキやバラがきれいに咲いていた。その他の花は晩春らしく少なった。近所の小学生の校外活動で賑やかであった。

写真下1はセンダンで、木がまだ小さかったので近くで花が見られ良かった。
写真下2はタニウツギで、満開時から時間がたっているので、散り始め正常な形の花をさがすのに苦労した。
写真下3はヒツジグサで、日本庭園茶室の池に咲いていた。
写真下4はトベラと思います。垣根に使われている。葉の色が図鑑より多少黄色味を帯びているので怪しいです。
間違っていたらご指摘願います。至急訂正します

センダン

タニウツギ

ヒツジグサ

トベラ


5月下旬の智光山の様子

智光山の都市緑化植物園のバラは最盛期を過ぎていた。しかし他の花が見られた

写真下1は、カルミアでツツジとシャクナゲの仲間でアメリカシャクナゲとも言う様だ。ここの花は白が多かったが、1種だけ園芸種で赤色があったので掲載した。開花すると五角形になる。
写真下2は、シモツケで、下野(今の栃木県)に多いのでこの様な名になった様だ。
写真下3は、ユリノキで「4月下旬の智光山の様子」で紹介した。あれはツボミの様でした。すみません。チユーリップツリーのも言われチユーリップに似ているらしい。高木なので下方からの撮影になりチユーリップに見えにくいのは残念だ。

カルビナ

シモツケ

ユリノキ


エゴノキの花のトンネル

本日午後から天気が崩れそうなので、近くの多摩湖自転車道にトレーニングに行く。この自転車道の片側は雑木林で5月9日に行った時はハリエンジュの白い花のトンネルをくぐった。本日はエゴノキの白い花のトンネルをくぐってきた。他に、
写真下1はスイカズラ(吸葛)で鉄柵に絡まって、甘い香りが漂ってきた。開花時は白い花で、後の黄色になる。写真には両方の花が写っている。
写真下2はホオノキで数か所のあり、種類か日当たりかで花が散っていたり、開花中。まだ蕾の木もある。葉の長さが20-40cm位ある。
写真下3は桑の実で薄緑色から赤で完全に熟すと濃い紫色になる。入間川サイクリングロードにも沢山ある。熟すと甘いので昨年ジャムを作って食べた。

スイカズラ

ホオノキ

桑の実


荒川サイクリングロード走る

天気が良さそうなので、去年の秋以来走っていない「荒川サイクリングロード」でトレーニングをした。入間大橋から東京湾まで続いている。本日は途中の秋ヶ瀬公園を散策し荒川の土手を戸田橋まで走る。沿道は秋ヶ瀬公園以外、殆どゴルフ場になっている。

写真下1はさいたま市の荒川沿いの田んぼで丁度田植えが終わり苗が元気に育っている。ここは気持ちが良い。
写真下2は秋ヶ瀬公園内の「ピクニックロード」を散策し色付き花を探していたら「チョウジソウ」の群生地に出会う。平日だが野鳥観察・撮影者で賑わっていた。空いている駐車場でドラムを練習している人は多い。4月に行ったサクラソウ公園に寄ってみたが、色付き花はなく、オギやヨシに占領されていた。
写真下3は戸田橋で東北・上越新幹線、埼京線、国道17号が走っている。
残念ながら、入間川サイクリングロード沿いと荒川サイクリングロード沿いの植物の分布の違いは判らなかった。
走行距離は高低差は殆どないが往復114kmあった。60代おじさんの体力では膝が痛くなり限界の様だ

さいたま市田んぼ

チョウジソウ

戸田橋





モデルさん見つかる

荒川サイクリングロードでトレーニングをしていた。やっと無料で野鳥のモデルさんが見つかる。

写真下1はヒバリで、羽根倉橋付近の草原で鳴いていて余り警戒していない様だった。
写真下2はヨシキリで、サクラソウ公園近くの並木でうるさく鳴いていた。仲間に縄張り宣言をしている様だ。
間違っていたらご指摘下さい。至急訂正します。

ヒバリ無題

ヨシキリ



越年した金魚草が開花

春咲きの1年草の草花の金魚草を春にまき、秋に花を楽しんだ。その後切り戻し越年させたら4月に新芽が出て今、開花している(写真下1)。今後も花が終わったら切り戻し宿根草の様に通年で楽しみたい。その他、

写真下2は、ペルビアナで4-5年前近所から球根を頂き、毎年春きれいな花を楽しんでいるが、繁殖力が旺盛で株分け作業は大変だ。

写真下3は、一重のシャクヤクで、日当たりの悪い場所に植えてある。5月7日に日当たりの良い場所の八重のシャクヤクを紹介した。品種か日当たり度か判らないが、一重のシャクヤクは1週間程度開花が遅れている。両シャクヤクで鑑賞期間が長く楽しめるので歓迎する。

金魚草

ペルビアナ

一重シャクヤク


FC2Ad

まとめ