かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

大雪後の薬用植物園

大雪から約10日、狭山植物友の会で薬用植物園を見学した。去年2月の来館に比べ雪の影響で植物の開花が遅れてい、残念ながらアマナ類は見られなかった。


雪のセリバオーレン
▲残雪の林に咲いていたセリバオーレン。去年より株数が少ない。

セツブンソウ
▲ロックガーデン内のセツブンソウ:石灰岩地を好む様だ。

ダゼンソウ
▲ザゼンソウ:仏像の光背に似た形の花弁の重なりが僧侶が座禅を組む姿に見える事が名前の由来の様だ。

しだれ梅
▲シダレ梅:周囲に梅の香りが漂い、至福の時を過ごす。早咲きの紅梅の花は終わりつつあり、シダレ梅が存在感を表している様だ。

ムュウジュ
▲温室内のムュウジュ:釈迦誕生の木として有名な様だ。
スポンサーサイト

大雪後の入間川サイクリングロード

2月14日の大雪から1週間経ち近所の細い道も通行できるようになった。本日近所の入間川サイクリングロードの様子を見に行った。
大雪は北斜面以外、殆ど融けていた。サイクリングロードも走行に問題ない。しかし橋の下は残雪があった。本日は安全を見て午後に走ったので雪が凍って走るのに危険な状態ではなかった。早速来週はホンダエアポートまで走りたい。

大雪後の安比奈公園
▲途中にある安比奈公園。手前に残雪が少しある。西武文理大学の塔が背後に見える。

初秋の安比奈公園
▲去年の10月の安比奈公園:コスモスやマリーゴールとがきれいに咲いていた。

安比奈公園の水道管の橋
▲安比奈公園付近の水道管橋。雪の残っている芝生で子供たちが段ボールを使いソリを楽しんでいた。

平塚橋
▲平塚橋(県道256の橋)の下は幅5m位残雪がありスピードを出していると怖い。

2月14日大雪記録を更新

2月8日に地元で経験したことがない積雪を記録した。約1週間後更新した。天気予報では1日中雪だが深夜から雨に変わるとの事でした。上空の気温が予想より低かったため、積雪時間が長く、積雪が前回を更新し雨も少なかったようだ。積雪は45-50cm位あった。
2週にわたり積雪で道がぬかるみ、「晴走雨読」生活が崩れ「読」が多く取れうれしいが、運動不足で体重が増えるのが怖い。

雪景色西側215
▲自宅西側の雪景色:中央のツゲの生垣が埋まりそうになっている。

雪景色南側215
▲自宅南側の家庭菜園:中央の腐葉土作成用古雨戸が見えなくなっている。今まで見たことがない。

郵便受け215
▲玄関の2本の郵便受けに三角形の雪が積もっているのが面白い。



河津桜の開花

今年は寒さが厳しく、2月8日(土)の大雪の後、2月14日(金)にも雪が降りそうだ。庭には黄色花の福除草が10輪程咲いてるが寂しい。
しかし、毎年早春に楽しませてくれる河津桜が数輪開花してきている。前回の雪と強風の影響でせっかく咲いた花弁が傷ついてしまっている。今後満開になったら再度紹介する。

河津桜213
▲寒さに負けずちらほら開花して来た河津桜。2月13日(木)撮影

2月8日の大雪記録

2月8日、東京地方・狭山では珍しく1日中雪が降りました。夜間は風も吹き降雪量も多かったようだ。
一夜明け、いつものように4時台に徒歩の配達員が日経新聞が届けてくれた。40余年ぶりの大雪で20cm以上ある。

自宅付近の最低限の除雪をし、午前にバイト先の除雪をした。午後、家庭菜園や大通りの除雪をし、普段使わない筋肉を使いダウン気味。

209大雪西側
▲自宅西側の小道を除雪する。左側のお茶畑は雪に埋もれている。

208大雪家庭菜園
▲自宅南側にある家庭菜園:右下のほうれん草栽培のビニルトンネルが押しつぶされている。
中央にある腐葉土作りの古雨戸の囲は健在である。

積雪した伊豆ヶ岳に登る

去年集中して伊豆ヶ岳(851m)に10回登っていろいろな植物を観察した。残念ながら積雪時に登っていない。本日、2月4日の残雪を求めて登った。県道53号の山伏峠付近に自転車を止め登る。3年位アイゼン(着脱式スパイク)を使えず寂しかったがやっと使え大満足。積雪量は5-10cmで吹き溜まりでは膝位まである。すでに歩いた人がいて楽に歩けた。平日のため誰とも会わず静かな山頂を独占出来た。
朝、10時頃までハンドルを握る手が寒く苦しかったが、山に登り始めると晴天で風もなく楽しい1日であった。

コース・タイム:=は自転車
狭山・自宅(8:37)=山王峠(10:13)=(11:25)名郷・海抜395m(11:30)=(12:25)山伏峠・海抜675m(12:36)-(13:26)伊豆ヶ岳山頂・昼食(13:40)=(14:23)山伏峠(14:30)=狭山・自宅(16:51)

山伏峠付近に駐輪
山伏峠付近に駐輪しここで雪山装備をし登る。

伊豆が岳階段
▲途中の階段:無積雪期、階段付近は歩きにくいが雪のため歩きやすくなっていた。

伊豆が岳山頂付近
山頂付近:ブナ等の落葉樹が多く、年間を通じて楽しい所だ。

伊豆が岳山頂
山頂:雑木が成長して眺望はあまり良くない。一人でゆっくり昼食をした。

採石場付近の眺望
▲右下石灰石採掘場の遠方の蕨山・天目山(1,500m)の山腹には積雪が目立つ。
  枝で見えにくいのが残念だ。

立春に雪が降る

2月4日は立春です。前日まで3-4月の陽気でしたが一変し午後から雪になり、5日も冷たい風が吹いていましたが、我が家の庭で春を見つけた。

立春の降雪
▲久しぶりの雪化粧の庭

雪の下から福寿草
▲雪が融け、福寿草の花を発見。株が増えるので、最近株分けしコンパクトにしたので寂しい。しかし蝋梅の花が散ってきているので存在感が出てきた。

春咲の草花の苗が成長

20年位前に廃パイプを利用して枠を作りビニルシートで覆った簡易温室(熱源なし)?内に春咲の草花の種が順調に育っている。昨年の晩秋にイチゴの空箱に播き、昼間は蒸れるので前面のビニルシートを左に巻き喚起をする。気温が下がる夕方から朝まで前面のビニルシートを閉め洗濯ハサミで固定してある。

簡易温室1
▲簡易温室全景:20余年間、年2回育苗している。

簡易温室下段
▲簡易温室下段:ストック、ビオラ、ゴデジャー、スターチが順調に育っている。

簡易温室上段
▲簡易温室上段:スィトピー、金魚草、セリの水耕栽培類も順調に育っている。4-5月が楽しみだ。



FC2Ad

まとめ