かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

南蔵王の湿原を歩く

毎年夏に行っているの湿原の植物観察山行を、今年は南蔵王の屏風岳付近の芝草平周辺で行った。
格安キャンプ場を利用するため、東北自動車道から山形自動車道経由で山形上山ICで降り、西側から入山する事にした。

山形市野草園 8月21日(木)
天気予報で21日の降水確率が高かったので、キャンプは中止し、近くの国民宿舎に泊まることにした。そして21日に予定していた山に登らず、近くの山形市野草園を見学した。真夏のためきれいな花は期待しなかったが、26.5haで約1,000種の植物があるようなので受付嬢におすすめコースを聞き歩いた。園芸種も多少あるが、期待がはずれて素晴らしい花が見られた。天気も予想がはずれ、雨にならず助かった。

東北中央自動車道からの蔵王山方面
▲東北中央自動車道から蔵王山方面を見る

山形市野草園の自然学習センター
▲公園内にある自然学習センター:周りの雰囲気にあっている素晴らしいデザインの建物だ。

レンゲシューマ
レンゲシューマ:周りの白い花弁はガクで紫色の部分が花弁である。

フジグロセンノウ
フジグロセンノウ:湿った林床などに生える多年草、有毒な植物。

ナツスイセン
ナツスイセン(ヒガンバナ科):遠くから見ると彼岸花だが、葉が水仙に似ている。

ツリガネソウ
ツリガネソウ

コース・タイム =車利用
狭山(5:42)=岩槻IC(6:45)=事故渋滞あり=村上JCT(12:46)=山形JCT(13:21)=山形上山IC(13:34)=(14:05)山形市野草園(15:40)=国民宿舎着(16:15) 参加者:TK,YK


屏風岳(1,825m) 8月22日(金)
蔵王エコーラインの刈田峠バス停付近(約1,600m)に駐車し、刈田峠を目指す。登山道は整備されていて歩きやすい。両側から黄色いコガネギク、白いシラネニンジンの歓迎を受け株の多さに感激する。刈田峠手前から小湿原が現われる。ワタスゲ・チングルマ・キンコウカを期待したが、イワショーブとキンコウカが主体で咲き誇っている。前山・杉ヶ峰を越すと芝草平の湿原が見えてくる。ここではシロバナトウウチソウが目立つ。ここでチングルマの花が数輪見られた。また花後、花柱が伸び羽毛状になっている株も多くあった。多くの花に出会い屏風岳まで登ったがガスっていて眺望はなかった。
平日だが夏休みのためか多数の登山者にお会いした。無事、朝の駐車場に戻り、今夜の宿泊キャンプ場の蔵王坊平国設野営場に行く(1泊350円/人)。食後、天候が急変し、記録的な大雨・雷雨の可能性があり、管理者の行為でキャンプ場受付事務所の空部屋に移り一夜を過ごした。
翌日は小雨模様だったので予定していた御田神湿原の見学は中止し帰路に就く。宮城県に戻ると天気が回復し、無事帰宅できた。

コース・タイム
8月22日(金)
国民宿舎(8:20)=(9:20)屏風岳登山口(9:25)-前山(10:03)-杉ヶ峰(10:32)(10:50)芝草平(11:10)-屏風岳(11:55)-芝草平(13:00)-杉ヶ峰(13:52)-(14:15)登山口(14:21)-キャンプ場(15:20)

8月23日(土)
キャンプ場(6:41)-山形上山(7:15)-村田JCT(8:15)-岩槻IC(12:53)-狭山(14:15)

アキノキリンソウ
コガネギク:山頂付近まで咲いていてコガネギク街道の様だ

キンコウカとイワショウブ
▲本日の湿原の主役、キンコウカ(後列)とイワショウブ(前列)

刈田岳方面
▲前山付近から見た刈田岳:蔵王ハイラインのため、山腹が痛々しい。

芝草平方面の湿原
▲杉ヶ峰付近から見た芝草平

シロバナトウウチソウ
▲芝草平付近から目立ってきたシロバナトウウチソウ

ゴゼンタチバナの実
▲前山付近で目についたゴゼンタチバナの種子

シモツケソウにつく蝶
▲芝草平より先はアザミときれいな蝶が目立つ。写真はシモツケソウで蜜を吸っているきれいな蝶。頂上付近には赤とんぼが目立った。

蔵王坊平国設野営場の管理棟
▲キャンプ場の管理事務所:夜間の大雨、雷雨からここに避難した。





スポンサーサイト

8月中旬の庭の花

猛暑日が続くこの頃、庭に草花の花が咲いている。

エビスグサ
エビスグサ:ハブ茶の原料になる。近所の家庭菜園で珍しい花が咲いていたので、種をもらい蒔いてみたら10株ほど成長し黄色い花が咲いる。インゲンの様なさや(写真左下)が成長している。便秘・消化不良・胃腸病・高血圧防止に効果があるらしい。

ニチニチソウ
ニチニチソウ:春に2袋108円の種を蒔く。去年発芽しなかったが今年は少量だが発芽し、植木鉢できれいに咲いてくれた。こぼれ種のニチニチソウも花壇に数十本開花している。

アスター
アスター:春に2袋108円の種を蒔く。去年も花壇植えしても成長が遅かった。連作を極端に嫌うらしいので、畑の土に入れ替えたので多少成長が早くなった。

8月初旬の多摩自転車道を走る

昨日で猛暑はピークを越えた様だ。本日は多摩自転車道を走り、周辺の植物を見てきた。35分位で1周し2周めを走り始めたら小雨が降り始め、多少涼しくなり助かる。

コマツナギ
コマツナギ:茎が丈夫なのでこれに馬(駒)をつないでも大丈夫というのが名前の由来らしい。

ワルナスビ
▲フェンス沿いに咲いていたワルナスビ:ナス科なのでナスの花に似ている。茎・葉柄・葉の脈上に鋭いトゲがある。

ナンテンハゼ
▲フェンス沿いに見えたナンキンハゼの紅葉:紅葉には早いので病気の枝が紅葉しているらしい。

涼を求めて名栗の白谷沢を歩く

前回は6月21日には「名栗の白谷沢」の沢沿いの登山道から棒ノ峰に登り多少の涼しさを感じた。
本日も猛暑日になるらしいので、朝の涼しいうちに名栗 白谷沢に出発し天然クーラーの下で過ごす事にした。土曜日なので、途中名栗へのサイクリストも白谷沢から棒ノ峰に登る登山者も沢山いた。
登山口では28℃だったが滝群周辺は25℃位になり涼しい。水しぶきに近づくと更に涼しくなる。今回、滝群の最後を見たら引き返す予定なので周辺をじっくり見ながら歩き色々な植物を探せた。
帰路は天然クーラー内の登山道を少し離れ、昼食をとる。登山靴を脱ぎ沢の流れに足を入れ、周りの水の音、沢沿の木々を眺め至福の時を過ごす。残念ながら1時間半で飽きてしまう。今後一工夫して至福の時を増やしたい。

コース・タイム =はクロスバイク
狭山・自宅(6:11)=白谷沢登山口・海抜320m・28℃(8:47)-最初の滝・25℃(9:40)-最後の滝・海抜711m・25℃(10:30)-(11:15)滝群内で昼食(12:45)-白井沢登山口・28℃(13:44)=狭山・自宅・36℃(14:19)

壁画
▲名栗湖入口の河又付近の道路壁の壁画

羽黒草
ハグロソウ(羽黒草):葉が黒っぽい緑色をしているので江戸時代の「お歯黒」に似てるのが由来らしい。

ナガバハエドクソウ
ナガバハエドクソウ(長葉蝿毒草):根に毒成分を含み蝿取紙にしたのが由来らしい。

イワタバコ
イワタバコ(岩煙草):日陰で湿った谷川の岩場に育つ。煙草の葉に似ているのが由来らしい。

ウバユリ
ウバユリ(姥百合):花が満開になる頃、葉が枯れる事が多いので歯(葉)がない「姥」にたとえたのが由来らしい。

タマガワホトトギス
タマガワホトトギス:沢沿いの湿った林内に咲く。タマガワは京都の玉川らしい。

FC2Ad

まとめ