かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

シオジの原生林を歩く

毎年、同じ山に複数回登り季節の変化を楽しんでいる。今年は棒ノ峰に登っている。来年の候補地には原生林の観察をしたいと思いネットで探したら、飯能にシオジ(樹木の名前)の原生林があった。大持山と鳥首峠の中間にウノタワ(鵜の田)という窪地がある。ウノタワの北東の谷がシオジの原生林になっている様だ。
本日、下見に行って来た。残念ながら初冬なので谷の落葉樹は殆ど落葉していた。しかし、見渡す限り幹を見るとシオジの木ばかりで、800m位になるとブナが目につく。
この登山口は、幹線道路に接していないので雪解けの3月頃からの観察になる。ぜひ来年はここで1年間数回通い観察したい。

コース・タイム=はクロスバイク
狭山・自宅(7:55)=名郷・海抜371m(10:31)=(11:30)登山口・海抜692m(11:35)-引き返し地点・海抜1,038m(12:25
)-(13:25)登山口(13:29)=狭山自宅(16:00)

ヤマホロシ
▲ヤマホロシ:途中の山王峠(原市場下成木線)付近に群生していた。名前は葉の形から推測した。間違っていたら指摘して下さい。

ウノタワ沢入口
▲ウノタワへの谷の入り口:右側の植林地の一部でキャンプをしていた高齢者カップルがいた。

ウノタワ終盤の紅葉・黄葉
▲ウノタワへの谷に、葉が残っていた落葉樹の一部

ウノタワ小滝
▲ウノタワへの谷の800m位まで水が流れている

ウノタワ苔
▲ウノタワへの谷の900m位の所から見事な苔が生えている。見渡す限りシオジの幹が見える。

ウノタワの終点
▲ウノタワへの谷から森林地帯に入るところ。ガスってきたのでウノタワ手前で引き返す。





スポンサーサイト

名栗湖の上流の有間林道を走る

本日は2日続いた雨も止み晴天になる。久しぶりにオフロードの林道を走る。場所は名栗湖の奥の有間林道で、終点から大松閣のある湯基入林道を走り、名栗川橋に行く予定だったが湯基入林道が工事で通行ができないので引き返す。
紅葉適期を多少過ぎている様だった。特に林道終点では落葉が多かった。

コース・タイム =はマンテンバイク 78km
狭山・自宅(8:25)=名栗湖湖畔(10:55)=有間林道入口・海抜388m(11:12)=(12:33)有間林道終点・海抜827m・昼食(12:50)=栃の木入沢(13:13)=有間林道入口(13:40)=名栗湖畔(14:10)=狭山・自宅(15:54)

有間林道1
▲紅葉が目立つ有間林道の一部:舗装道路。この林道周辺は植林地が多くので紅葉樹が少なく寂しい。

有間林道2
▲紅葉が目立つ有間林道の一部:オフロードになってきた。

有間林道終点
▲有間林道の終点。湯基入林道につながっている。

栃の木入沢
▲栃の木入沢の奥の左側に道標の無い道を見つける。12月に来て登ってみたい。

名栗湖に写る金毘羅山方面
▲名栗湖に写る金毘羅山方面の山と紅葉



晴走雨読生活の紹介2

晴走雨読を願っているがここ2日間雨でつらかった。最近読んだ本を紹介する。

本の紹介
▲写真左:山に登る時ガイドブックのコースだけのでなく、独自にアレンジしたコースで登ると楽しみが増えるという事が記憶にある。自転車で登山口まで行く登山者は「極貧登山者」と呼んでいる。
写真右:老後も生活費は多いに越したことはない。限られた生活費のなかで、自分たちの大切にしている事に多く出費し他は抑えるメリハリのある生活費の活用が大切という事が記憶にある。私の場合、山や旅行の交通費、宿泊費を多く取り、他は抑えて生活していきたい。

庭の雑木の紅葉

我が家の雑木にも秋の気配が感じられた。11月25日撮影。

ブルーベリーの紅葉
ブルーベリー:秋に多少実が収穫できた。

ドウダンツツジの紅葉
ドウダンツツジ:深紅の鮮やかな部分を撮影した。

ハナウメの紅葉
ハナウメの紅葉:

トサミズキの黄葉
トサミズキの黄葉:春に薄い黄色い花がきれいに咲いた。黄葉は少し時期が過ぎていている。

ギボウシの黄葉
ギボウシの黄葉:草黄葉でよく目立つ。

彩の森公園の晩秋を楽しむ

家から一番近い公園の彩の森入間公園に晩秋を楽しみに行った。紅葉の適期の後半の様な感じがして楽しめた。

ポプラ並木
ポプラ並木

メタセコイア
メタセコイヤ並木

モミジハフウ
モミジハフウ

ハクモクレン
ハクモクレン

ボケ
ボケ:この公園でこの花きり咲いていなく寂しい季節だ。

晩秋の倉岳山に登る

久しぶりに ATSUKI 会で秋の山行を行う。駅から登れ、秀麗富嶽12景の一つ、倉岳山に登った。山頂付近は沢に関係ないが本日は登り、下りとも沢付近の登山道を登る。沢の音は良いが登山道の石が不安定で注意が必要である。
天気も良く、多少紅葉時期がずれていたが、みな満足してくれた。

コース・タイム
中央線鳥沢駅(9:30)-石仏(10:55)-穴路峠(12:03)-(12:37)倉岳山山頂・昼食(12:15)-1立野峠(13:45)-唐栗橋
(15:14)-梁川駅(15:36) 参加者:AN, AR, T, K 以下4名

石仏
▲ホシノ沢の中間付近にある石仏(ペットボトル大好き)

山モミジ2
▲ホシノ沢から山頂に向かう途中の色付いた山モミジ:この沢は日当たりが悪いのか赤い葉の山モミジは無い。

キブシ
▲山頂付近の雑木林にあったキブシの紅葉

ダンコウバイ
▲山頂付近の雑木林にあったダンコウバイの黄葉

倉岳山頂
▲倉岳山山頂から見た富士山

倉岳山頂で記念写真
▲倉岳山山頂で4人で撮影した記念写真

11月の天覧山を歩く

所属している狭山市植物友の会で、晩秋の飯能の天覧山周辺の観察をした。多峯主山方面の林の木漏れ日の下に生育しているシダ類の観察にもマニアの人は熱が入っていた。

能仁寺合掌人形
▲登山口にある庭園で有名な能仁寺の賽銭箱上のかわいい合掌人形

ヒイラギの花

ヒイラギの花:葉の縁にとげ状の鋸歯がある。独特に良い香りがする。

三つ葉ツツジの紅葉
三つ葉ツツジの紅葉:適期を多少過ぎたカエデ類のトンネルにある別種の紅葉

ミヤマフユイチゴ
ミヤマフユイチゴ:木漏れ日に下で生育している。実は木イチゴの様な味がした。

ソヨゴの実
ソヨゴ(冬青):葉が密に付き、風にそよいで音をたてているのでこの名が付いた。

紅葉を見に伊豆ヶ岳に登る

去年、伊豆ヶ岳に何度も登った。11月の紅葉時、カエデ類の素晴らしさが印象に残り今年も登ってみた。今回は伊豆ヶ岳から子ノ権現に回った。歩いていると、カエデがきれいだったが、カエデ三昧で飽きが来て他の紅葉を観察した。
妻も見たいというので電車を利用し一緒に登り、女房守(子守でない)をして来た。

コース・タイム西武線正丸駅(8:34)-伊豆ヶ岳(10:23)-古御岳(10:54)-(11:40)高畑山・昼食(12:10)-中ノ沢ノ頭(12:32)-天目指峠(13:01)-子ノ権現(14:12)-西武線吾野(15:55) 参加者KT、YK

古御岳
▲高畑山から見た古御岳:今まで伊豆ヶ岳と古御岳間のカエデを見て感心していたが、古御岳から高畑山の間のもカエデが沢山あり驚いた。

コナラ
▲コナラの紅葉:雑木林に一番多い雑木だと思う。

リョウブ
▲リョウブ

ヤカボウシ
▲ヤマボウシ

マツバウツギ
▲マルバウツギ

チドリノキ1
▲チドリノキ

コシアブラ
▲コシアブラ:クリーム色の様な薄い黄色の葉で個性的な色で目立つ

アブラツツジ
▲アブラツツジ:ドウダンツツジの仲間。子ノ権現手前で多く見かけた。



















雲取林道を走る

いつか走ってみたいと思っていた「雲取林道(白石山-雲取山-和名倉山に囲まれた谷にある林道)」を走り紅葉を見てきた。日帰りは無理なので大滝で1泊した。海抜400m付近までは紅葉の適期だがそれ以上海抜が高い所は少し適期を過ぎ早い木は散っていた。
標高差は大きいので1泊では厳しいと思っていてチュウチョしていた時期があった。実施してみて帰路は足がヘロヘロだったが良い思い出になった。

コース・タイム:=はマンテン・バイク 走行距離195km
14日:狭山・自宅(7:50)=山伏峠・海抜675m(11:02)=(11:24)芦ケ久保道の駅・海抜279m(11:30=(12:25)荒川道の駅・海抜352m(12:40)=大滝道の駅・海抜491m(13:40)=R140迂回路入口(14:09)=二瀬ダム・海抜544m(14:35)=三峰花街道・途中で戻る(14:55)=R140迂回路入口=宿着(15:40)
14日:宿発(8:00)=R140迂回路入口(8:20)=二瀬ダム(8:47)=三峰花街道経由雲取林道入口・海抜836m(9:37)=雲取林道入口戻り(10:40)=二瀬ダム(11:00)=(12:10)荒川村道の駅(12:25)=(13:35)芦ケ久保道の駅(13:50)=(14:16)正丸トンネル通過(14:21)=狭山・自宅着(16:50) 

1日目 秩父市大滝までの紅葉
11月14日(金)
このルートは植林してある山が多く、雑木林が少ないため紅葉の対象の木が少ない。しかし平日だったが紅葉している地域には植物写真マニアが集まっていた。

名栗の恐竜
▲名栗付近の紅葉はは宗教施設付近がきれいだ。今年は「紅葉明かり展in名栗」が開かれ恐竜が応援していた。

秩父の岡蒸気
▲秩父鉄道のC58陸蒸気(岡蒸気)。運転は土日限定だが14日は県民の日なので特別サービスらしい。荒川村「道の駅」で休んでいたら、目の前を通過した。ラッキーだった。

太陽寺入口付近の紅葉1
▲国道140号線の太陽寺入口付近の紅葉群1

太陽寺入口付近の紅葉2
▲国道140号線の太陽寺入口付近の紅葉群2

太陽寺入口付近の紅葉3
▲国道140号線の太陽寺入口付近の紅葉群3

2日目 雲取林道11月15日(土)
二瀬ダム
▲途中にある、二瀬ダム。堰の上に道路があり通過できる。このダムで秩父湖が出来ている。今は水量が少なかった。

三峰花街道から見た紅葉
▲三峰花街道(旧三峰観光道路)から見た紅葉:多くの雑木が散り始めている。

雲取林道から見た和名倉山方面
▲雲取林道入口付近から見た和名倉山方面の景色。この左岸に林道がある。

雲取林道から見た四期萩方面
▲雲取林道から見た入口付近から見た四期萩方面の景色

雲取林道の紅葉
▲雲取林道のカエデの紅葉。公園と違いカエデは人工的植林されていないので連続していない。

ニシキギ
▲雲取林道で単独に深紅を呈していたニシキギ。上手く表現で出来ず残念だ。




智光山わくわく公園祭りを見学

天気予報では午後から雨の様だ。8-9日に開催している智光山のわくわく公園祭りを見学した。植物栽培の先生方も張り切っていた。隣の老人福祉センターの宝荘祭も同時開催しているのでお邪魔した。幸い1日中、本格的に雨にならずにすんだ。

バラ園
▲バラ園では秋バラが開花していてた。

イタヤカエデ
イタヤカエデ(板屋楓):若木では葉の切れ込みが深い。

トコろん
▲所沢市からの応援:イメージマスコット「トコろん」が子供たちに親しまれていた。

ブラスバンド
▲地元堀兼中学のブラスバンド部の応援。

宝荘祭りの作品
▲老人福祉センターの宝荘祭の作品展示。




奥多摩から棒ノ峰に登る

6月に名栗湖の白谷沢から4回目の棒ノ峰の山行をした。本日は5ヶ月ぶりに念願の奥多摩、川井方面の奥茶屋から5回目の棒ノ峰を目指した。登山口から約30分ボンジリ沢のワサビ田の脇を通り沢の音を楽しんだ。その後、杉の植林地(春は花粉トンネル)の急坂を1時間歩き山頂に着く。杉林は広葉樹が無く紅葉とは無縁で寂しい。山頂は平日なのに十数人の老若男女の登山者で賑わっていた。

コース・タイム:=はマンテンバイク
狭山自宅(7:50)=青梅(9:14)=川井駅バス停・海抜297m(10:07)=奥茶屋登山口・海抜479m(10:47)- (12:05)棒ノ峰山頂 昼食 付近散策・969m(12:45)-奥茶屋・登山口(14:01)=狭山自宅(16:04)

ワサビ田
ワサビダ田:ワサビ栽培のため沢の冷たい水を引いている。

山モミジ
山モミジ:山頂に1本紅葉していた。山頂の少し下ではなぜか枝の一部たけ紅葉している木が多く、紅葉時期は早いの間も知れない

山頂の桜
▲頂上で一番目立つの木の紅葉は殆ど散っていた。前方中央は伊豆ヶ岳方面。

ホソエカエデ
ホソエカエデ(細柄楓):「紅葉ハンドブック」を持参して調べたので多少紅葉している木の名前がわかるようになった。

ウリハダカエデ
ウリハダカエデ(瓜膚楓):若木の幹が暗緑色でマクワウリの実の模様に似ているのが名前の由来らしい。





秋の薬用植物園を見学

所属する狭山市植物友の会で秋の東京都薬用植物園を見学した。
ここでも本格的な紅葉は11月中・下旬の様で、早い紅葉をいくつか見てきた。

ムラサキセンブリ
▲ムラサキセンブリ(紫千振):健胃薬

ミセバラ
▲ミセバラ:ムラサキベンケイソウ科

カジカエデ
▲カジカエデ:黄色が多いが、日当たりが良いと橙~赤色になる。

ミツデカエデ
▲ミツデカエデ

アメリカマンサクjpg
▲アメリカマンサク本来、早春に黄色い花が咲くが、秋に咲いて葉は黄色になっている。化粧品材料らしい。

オオミサンザシ
▲オオミサンザシ:消化促進作用がある

ハナヒョウタンボク
▲ハナヒョウタンボク:1対の実の大きさが多少違い「ひょうたん」の様だ。

サンシュユ
▲サンシュユ:強壮剤

野菜類の収穫を楽しむ

秋になり多くの野菜類の収穫期になる。収穫期が重ならないよう蒔く時期をずらしたかいがあり、多少収穫期が分散してくれた。原則、種は2袋108円の種を使用した。

葉物類jpg
▲葉物野菜:左からブロッコリーホウレンソウ・サラダナ

根菜類
▲根菜類:左からカブ・アカダイコン・背面はネギ

トウガン
▲トウガン:遅まきなので、やっと収穫出来た。

ナツメの実
▲庭で生育しているナツメの実:かじって食べている。

FC2Ad

まとめ