かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

フクジュソウが開花した

フクジュソウが一輪咲き、寂しい庭に春のきざしが見えてきた。

フクジュソウ
フクジュソウ:残念ながら1輪のみだが、いずれ数10輪開花すると思う。

日本水仙
日本水仙:寒さに強く繁殖力も旺盛だ。

薄いピンクツルバラ剪定前
▲ツルバラ:薄いピンク、剪定前

薄いピンクツルバラ剪定後
▲ツルバラ:薄いピンク、剪定済。すっきりし5月の開花が楽しみだ。

濃いピンクツルバラ剪定前
▲ツルバラ:濃いピンク、剪定前

濃いピンクツルバラ剪定済
▲ツルバラ:濃いピンク、剪定済。すっきりし5月の開花が楽しみだ。

スポンサーサイト

ときがわ町を走る

去年は東武東上線沿線の小川町のカタクリ見学と、ときがわ町の刈場坂峠に登った。今年もこのエリアを幅広く走りたいと思う。今月はときがわ町へ行き隣の嵐山町の「嵐山渓谷」まで走った。
渓谷には直接自転車で行かず、「大平山(178m)」経由で歩いた。真冬のため、植物活動は不活発で残念だ。

コースタイム =:クロスバイク 走行距離:83km
狭山自宅4℃(8:20)=日高陸橋(9:10)=越辺川(9:41)=(10:10)田中交差点・付近散策149m7℃(10:30)=嵐山渓谷入口(10:30)-(12:00)嵐山渓谷遊歩道・昼食139m(12:30)-嵐山渓谷入口(13:06)=田中交差点(14:00)=越辺川(14:33)=日高陸橋(15:00)=狭山自宅(16:04)

とくがわ町ロウバイ
▲花の無い季節にひときわ目立つ民家のロウバイの花

嵐山渓谷
▲嵐山渓谷の対岸の不思議な石:春には、遊歩道も桜やツツジで賑やかになると思う

ヤブツバキ
▲大平山の山頂付近のヤブツバキ:この山域・渓谷で見つけたった一つの花。


早春の昭和記念公園を歩く

本日は風が無く静かなのでトレーニングを兼ね、早春の昭和記念公園を歩いた。
園内にある100株位のソシンロウバイが満開で甘い香りがして最高だった。他の植物はまだ冬状態だが数輪ほど開花している植物を発見。2-3週間後が楽しみだ。

ソシンロウバイ
ソシンロウバイ:色々な所に咲いていて寂しい早春の園内を盛り上げている。

セツブンソウ
セツブンソウ:数輪だけ開花していた。注意しないと見落としてしまう。

スノードロップ
スノードロップ

クリスマスローズ
クリスマスローズ

紅梅
紅梅

シナマンサク
シナマンサク

子ノ権現に初詣

毎年初詣に、子ノ権現で足腰を丈夫にする祈願をしている。サイクリングの敵の風の影響が少なそうな3日を選んだ。今まで帰路に天目指峠や竹寺を選んでいたが今年は林道原市場名栗線を走り、名栗湖方面に出た。
登山者やマイカーの参拝者が来ていたが閑散としていた。林道の日陰部分には残雪が凍っているので、降りる時ははスリル満点であった。
サイクリングには不適期であるが、手足の指先の冷えは「靴下用超小型ホカロン」、耳にはロシア兵の様な耳をカバーする帽子をかぶり(ヘルメットは付けない)防寒している。ベストでないがだいぶ改善出来る。

コース・タイム  74km
狭山自宅・4℃(8:28)=中藤(10:31)=竹寺分岐:海抜335m・2℃(10:45)=(11:44)子ノ権現・昼食:海抜675m(12:30)=竹寺分岐(12:55)=林道原市場名栗線・410m(13:04)=天覚山方面の展望点・482m(13:33)=鍛冶屋橋・280m(13:59)=狭山・自宅(15:56)

木馬
▲子ノ権現到着直前の急坂に隣接している民家の空き地に遊んでいる木馬。しばし感心し眺める。

仁王様
▲子ノ権現のシンボルの一つ、山門の仁王像

閻魔堂
▲立派な本堂の影で見過すごされそうな閻魔堂。近い将来お世話になると思うのでお賽銭を大盤振る舞いする。

栃屋谷林道
登って来た林道を見晴らし台から見る。林道原市場名栗線は正面の尾根の下を右に曲がる。

天覚山・大高山方面
▲林道原市場名栗線から見た「天覚山・大高山方面」の眺望

FC2Ad

まとめ