かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

満開の桜のトンネルを走る

本日の天気予報では関東地方の染井吉野は満開の様だ。久しぶりに同級生のKK氏と入間川サイクリングロード、荒川サイクリングロードを走り桜を楽しんできた。
春になり河川敷は見渡す限り菜の花の黄色いジュウタンが続く。無粋な考えだが、食用油(菜種油)の潜在生産地の様だ。

コースタイム =クロスバイク 89km
狭山・自宅(8:32)=(9:05)照代橋(9:15)=(10:34)ホンダエアポート(10:50)=(11:07)吉見町総合運動公園管理事務所・昼食・おしゃべり(13:02)=(13:40)ホンダエアポート(14:20)=照代橋(15:59)=狭山自宅(16:55)

入間川サイクリングロード柏原
▲入間川サイクリングロードの柏原付近の桜トンネル

荒川サイクリングロード
▲荒川サイクリングロードの河川敷の菜の花の黄色いジュータン。約10km位花の香りが素晴らしかった。

ホンダエアポート
▲休憩したホンダエアポートの格納庫前で訓練している埼玉県防災ヘリコプター隊員

スミレ
▲サイクリングロードに咲いていたスミレそして菜の花・オオイヌノフグリ・ホトケノザ等で春を演出している。

圏央道川島
▲荒川サイクリングロードの上を通過する圏央道。左が川島町、右が桶川北本方面。
ここでも菜の花の香りでサイクリングが楽しい。

吉見さくら堤公園
▲吉見町さくら堤公園。約1.8kmの桜のトンネルで根元に菜の花が咲いていて、存在を競い合っている様だ。
この時期、老人、女性、幼児の見学者で混みあいサイクリストは肩身が狭い。


スポンサーサイト

カタクリを求めて相模原、八王子

カタクリの開花期になった。今まで小川町西光寺付近を見学していた。今年は国道16号を南下し相模原と八王子を見学した。
コースタイム=クロスバイク 73km
狭山自宅(8:25)=拝島橋(9:34)=八王寺八幡町(10:00)=相原(10:37)=(11:07)城山・カラクリの里・昼食(12:53)=相原(13:12)=(13:30)片倉城跡公園(14:21)=八王寺八幡町(14:35)=拝島橋(14:55)=狭山自宅(16:03)

城山・カタクリの里

相模原市の地主が個人の山林を春に開放し春の植物を見学させてくれる。入場料の500円は年金生活者には高いが、きれいな花が見れて満足。しかし花の撮影が下手で自分に不満足。

城山・カタクリの里
城山・カタクリの里の入り口:数百人の見学者で混雑。8割が元気なオバサン。

白いカタクリ
▲数千株のカタクリが開花しているが白色カタクリは珍しい

ユキワリソウ2
ユキワリソウ1園芸種が混じっている様だ。

ユキワリソウ1
ユキワリソウ2

ユキワリソウ3
ユキワリソウ3

オオイワウチワ
オオイワウチワ

オキナグサ
オキナグサ

コシノコバイモソウ
コシノコバイモソウ

アカヤシオツツジ
アカヤシオツツジ

ヒカゲツツジ
ヒカゲツツジ


片倉城跡公園

所属している狭山市植物友の会で、毎年4月末にヤマブキソウ等を見学に来ている。本日城山・カラクリの里の見学が早く終わったので、帰り道のついでに3月末の片倉城跡公園の姿を見学した。

奥の沢のカタクリ
奥の沢のカタクリの群生:偏って群生しているが城跡全体でみられる。

リユーキンカ
リユーキンカ

ミスミソウ2
▲雑木林に寂しく咲いていた花:スハマソウ

ヤマルリソウ
ヤマルリソウが一株咲いていた。咲き初めはピンクで後のルリ色になる様だ。

アミガサユリ
アミガサユリ

3月の多摩自転車道と狭山公園

本日は朝寒く風が冷たかったが、多摩自転車道にトレーニングに行った。期待していなかったがカメラを持って行ったおかげで、春の植物の姿が撮れた。

アケビの花
アケビの花:自転車道沿いの雑木林にて

アカシデの花
アカシデの花:自転車道沿いの雑木林にて

イヌシデの花
イヌシデの花:自転車道沿いの雑木林にて

コブシ
コブシの花:自転車道沿いの雑木林にて

コスミレ
コスミレ:隣接する狭山公園にて

寒緋桜
寒緋桜:狭山公園の太陽の広場に10数種の桜があり早咲きの3種が満開でありハッピーだった。

陽光桜
陽光桜

おかめ桜
おかめ桜:この公園は自宅から近いので残りの桜の満開の姿を見たい。

3月下旬のシオジの森の様子

今年は飯能のシオジの森とウノタワ(鵜の田)の窪地を定期的に登り、森の観察をする予定だ。昨年11月に落葉したシオジの森に登った。今年は本日初めてウノタワに登った。海抜1,000m位だが春の足音が感じられた。

コース・タイム=はクロスバイク 80km
狭山・自宅(7:50)=名郷・海抜371m(10:09)=(11:21)登山口・海抜692m(11:35)-(12:15)ウノタワ・昼食 海抜1,080m(12:36)-(13:20)登山口(13:27)=狭山自宅(15:59)

アブラチャン
▲横倉林道沿いに咲いていたアブラチャンの花

ウノタワへの谷
ウノタワへの谷。前方の木々は殆どシオジである

開花ヤマネコノメソウ
▲谷の苔の間で咲いていたツルネコノメソウの花

ウノタワ
▲ウノタワの窪地。手前にカラマツ、前方にブナと春の芽ぶきが楽しみだ。
地味なコースだがここで山ガールに会え挨拶が出来、ラッキーだった。

武川岳方面
▲帰路、前方枝越しに見えた妻坂峠、武川岳方面。まだ冬の装いだ。

高尾山 日影沢で湿原植物を観察

去年の3月にも日影沢の湿原植物観察を行った。今年は去年より多少暖かいので別の植物が適期になり感激した。

白ショウジョウバカマ
白色ショウジョウバカマ:日影沢入口付近の民家の庭で開花していた。

ヤマネコノメ
ヤマネコノメ:まだ蕾の様だ。開花しいても地味な花の様だ。

ヨゴレネコノメ
ヨゴレネコノメ(汚れ猫の目):葉についている班紋が汚れの様に見えるため気の毒な名前だ。

アオイスミレ
アオイスミレ(葵菫):キャンプ場方面の林道で咲いていた。

フサザクラ
フサザクラ(房桜):湿地帯で生育。葉より先にこの様な花が咲く。



欲張り植物観察

昭和記念公園、薬用植物園、野川公園は隣接している。今まで各公園を個別に観察していた。本日は欲張って3公園を同時に訪問し植物観察をした。雨が降って来たら中止し帰宅する予定だったが、降らなかったので予定どうり訪問出来た。
今年はこの3公園を定期的に訪問し、その時々の良さを見つけたい。

コースタイム=クロスバイク 58km
狭山自宅(7:41)=野口橋(8:27)=東八道路分岐(8:58)=(9:18)野川公園観察(10:30)=府中街道分岐(10:58)=上水本町(11:10)=砂川九番(11:22) =(11:22)東京都薬用植物園見学・昼食(12:37)=(13:05)昭和記念公園見学(14:54)=狭山自宅(16:00)

野川公園
本日は野鳥観察会があったので自然観察園は賑やかだった。2週間前に訪問したが少しだけ春への変化が感じられた。
3月野川
▲野川の堤のにうっすら新芽が見えてきた。

キブシ野川
▲自然観察園のキブシ。バックにサンシュウの花が見える。

クリンソウ野川
▲自然観察園で早くもクリンソウが一株開花していた。

二輪草
▲自然観察園でニシンソウも一輪開花していた 。

東京都薬用植物園
薬用植物園
紅梅、シダレ梅、マンサクの花が春を告げている

カタクリ
▲林の中で2か所、カタクリが咲いていた。

キバナアマナ
▲林の端でキバナアマナが一輪咲いていた

アズマイチゲ
▲3公園ともアズマイチゲが咲いていたが、ここが一番良い写真になった。

アネモネブランダ
アネモネブランダ:ロックガーデンに咲いていた。

昭和記念公園
昭和記念公園
▲砂川口付近で、紅梅、白梅、サンシュウ、トサミズキ等が沢山咲いていて春本番の様だ。

セントウソウ
▲こもれびの丘の林に咲いていたセントウソウ

ヒナソウ
▲盆栽苑内の草盆栽のヒナソウ

トキワヒメハギ
▲盆栽苑内の草盆栽のトキワヒメハギ

ショウジョウバカマ
▲日本庭園に咲いていたショウジョウバカマ

メジロに再会

去年3月8日に開花した河津桜の蜜を吸いに来たメジロに初めて会った。今年も期待していたら5日から来てくれ、念願の番い(つがい)の写真が撮れ満足した。
サービス精神満点で1時間毎位に番いで来てくれモデルになってくれた。花と違いメジロは蜜を吸うため、次々新しい花に移動するので撮影に苦労した。

メジロ1
▲宙返りして蜜を吸っている。

メジロ2
▲河津桜の先端に止まっている。バックは雨戸。

メジロ3
▲これも宙返りをして蜜を吸っている。

メジロ4
▲河津桜に包まれ一休み。

メジロ5
▲ちょっと不自然だがやっと番いの写真が撮れた。満足 満足

続きを読む

河津桜が本格的に開花する

毎年、早春に我が家の庭をは華やかにしてくれている河津桜が、本格的に開花して来た。脇役も徐々に開花を始めている。

河津桜
▲河津桜:染井吉野の様にいっぺんに開花せず日当たりのよい所から徐々に咲いてくる。

クリスマスローズ
▲クリスマスローズ:3箇所に株分けしているが、日当たりのよい株が先行して開花している。

ツルコザクラ
▲3月3日のツルコザクラ:去年秋、知人から頂いた種を発芽させ、ここで開花し始めている。

越生梅林を見学

関東の三大梅林と言われている越生の梅林に妻と見学に行く。車で行けば簡単だが、車が運転出来なる場合を考え、電車を利用しスロー・ペースで行く。高麗川から非電化の八高線の気動車に載り、ジーゼルエンジン音、架線のすっきりした正面景色、ドアの開閉を乗客が行うワンマン運転等、新鮮な体験が出来た。
残念ながら梅林はまだ満開になっていなかった。しかし、青梅梅林にない体験が出来た。

DSCN8794.jpg
▲高麗川駅の気動車:電車上方に架線がなくすっきりしている

越生梅林1
▲越生の梅林は平地に植えられている。白梅の開花が遅れている。

ミニSL線路
▲紅梅のトンネルの下にあるミニSLのレール:イベント開催時梅林内をSLで走る事が出来るそうだ。

福寿草
▲梅の木の下でフクジョソウも楽しめる

恐竜
▲帰路、徒歩で沿道の梅をを楽しんでいたら、赤いマフラーの肉食恐竜にご対面。なぜかお地蔵さまと仲良しらしい。

FC2Ad

まとめ