かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

初夏の多摩2公園を歩く

梅雨の合間の晴天日、初夏の花、特にユリを見たく、多摩の2公園(国営昭和記念公園・都立薬用植物園)内を歩いてみた。終始曇りで時々雨になりそうな天気だったので暑さに悩まされずにすんだ。
デジカメの電池きれで後半はスマホのカメラを使用する。

国営昭和記念公園

ハス
▲こもれびの里の池のハス、バック中央にネムノキがピンクの花を開花している。

イヌゴマ
イヌゴマ:こもれびの丘の雑木林

名前調査中
▲名前調査中:こもれびの丘の雑木林

ブーゲンビリア
▲日本庭園内の盆栽苑で開花していたブーゲンビレア。盆栽に出来るとは驚きだった。

ヤマモモの実
▲日本庭園内のヤマモモに実がついていた。

1ユリ
▲サザナミ広場の西斜面の園芸種にユリ1:西武鉄道の観光ユリ園より少ないが満足。

ユリ2
▲園芸種ユリ2

ユリ3
▲園芸種ユリ3

ユリ4
▲園芸種ユリ4

ユリ5
▲園芸種ユリ5

都立薬用植物園

ラシャ
ラシャカキグサ:ラシャをヶ場たせるために用いた。

ムラサキ
ムラサキウマコヤシ(紫馬肥):アルファルファーという牧草。


マツムシソウ

クガイソウ
クガイソウ

コガネバナ
コガネバナ
スポンサーサイト

初夏の花壇の紹介

梅雨期に入り色々な草花が開花している。主に去年咲いた花の種が花壇に「こぼれて」今年発芽・成長したど根性花です。我が家のささやかな「財産」です。

ひまわり
ひまわり:去年開花した近くに1株発芽し頑張って咲いている。

帝王貝細工
帝王貝細工:花弁に見える部分は苞が色を帯びたもので、花はその中心にある。1株発芽し頑張って咲いている。


ゴデジヤ
ゴデチヤとグラジオラス:赤、うす紫、白はゴデチヤ(近所から苗をもらう)、黄色はグラジオラスで球根で越冬する。

チョウセンアサガオ
チョウセン アサガオ:去年小石川植物園の枯れ枝から種を採取する。図鑑でなかなか判らず、猛毒の昔の麻酔薬と判り驚き、処分する。

カラー
カラー:今までの球根の植えてある場所は日影で開花しなかったが、日向に移したらきれいに咲いた。

キキョウ
キキヨウ:宿根草で毎年楽しませてくれる。

花菖蒲園で青色を堪能する。

Sさんの紹介で東村山市の北山公園の菖蒲園で清楚な青色を堪能して来た。21日(日)には屋台も出て賑やかだったようですが、本日は平日と、多少適期を過ぎたせいか人出が少なく、静かに花を楽めた。いつも利用している多摩湖自転車道から20分程度なので来年も来たい。
江戸系、肥後系が多かったが名称は名札が見えないのが多く判らない。
公園の端に隣の小学校の体験田んぼが有り、東村山市の心使いに感激した。

北山公園菖蒲園1
▲北山公園 菖蒲園の東屋

4北山公園菖蒲園
▲北山公園 菖蒲園1:開花数が少ないのに賑やかそうに撮影するのは難しいと思う。

北山公園菖蒲園2
▲北山公園 菖蒲園2

北山公園菖蒲園3
▲北山公園 菖蒲園3

北山公園菖蒲園6
▲北山公園 菖蒲園の東屋から見た水連の花と花菖蒲




近所の雑木林を散歩コースに決める

散歩を飽きずに長続きさせるためのコースを近所の雑木林に決める。約1時間で5,800歩位(スマホの万歩計アプリ使用)になる。2-3日に1回位歩きたい。朝は約10組くらいの高齢者に会える。意外だったのはお婆さんの1人歩きが珍しくない事だ。所沢と狭山の市境なので、水野の森の散歩コースと言う事にする。
植物観察より、足腰のトレーニングなので、観察はほどほどにしたい。

ヒメコウゾ
▲ヒメコウゾの実

ジャノヒゲ
▲ジャノヒゲの花

ギボウシ
▲ギボウシみたいだが、調査中

ドクベニタケ
▲ドクベニダケ:キノコ図鑑で一番似ている名前のキノコ

水野の森・未整備
▲未整備の雑木林の散歩コース:この様な場所が8割位だ。

水野の森・整備
▲整備されている雑木林の散歩コース:下草が刈ってあるので、道から中に入りやすい。

ときがわ町の白石峠に登る

梅雨期に貴重な晴天日なので、ときがわ町の堂平山方面を走ってみようと、慈光寺から堂平山への林道に行ったら、オフロード道なので、戻り、大野東松山線を使い、白石峠に登った。過去に去年5月に刈場坂峠、今年5月に高篠峠に登った。この白石峠は浅田顕氏のホームグランドらしく本日もサイクリストで混んでいた。峠の移動式飲み物屋のご主人の話では、天気の良い土・日は300人以上のサイクリストで混むとの事。道幅が狭いので大型トラックも通らずサイクリング向けの道だ。

コース・タイム =クロスバイク 75km
狭山・自宅(7:54)=ときがわ町・田中 海抜150m(9:30)=慈光寺入口140m(9:55)=慈光寺(10:40)=慈光寺入口(10:51)=(12:24)白石峠768m・昼食(12:41)=ときがわ町・田中(13:45)=狭山・自宅(15:47)

ときがわ町田んぼ
▲大野東松山線沿いの田んぼ:田植えが終わりすくすく成長している。きれいな風景だ。

慈光寺の鐘楼
慈光寺の鐘楼:この付近は桜並木で52種の桜が咲くらしい。来年は来たい。

ノカンゾウ
▲大野東松山線沿いではノカンゾウ類が開花している場所がある。

パラグライダーの学校
▲白石峠付近にあるパラグライダー学校:眺望は抜群に良い。

白石峠
白石峠:ここから10分程度で堂平山のドームに着くが、足が言う事を聞かないので次回に訪問する。

ホタルブクロ
ホタルブクロ:帰路は精神的に余裕が出来て周囲の花が目に入る。

谷川の水
▲峠には水が無いが、途中の道沿いで谷川の冷たい水が飲めるのがうれしい。

オカトラノオ
オカトラノオ:帰路は精神的に余裕が出来て周囲の花が目に入る。

S邸
▲大野東松山線沿いに同級生のSさん宅があり時々顔を出す。素晴らしい環境で暮らせてうらやましい。

秩父 寺坂棚田学校で草取りに参加

5月24日に田植えをして3週間経つ。取り入れまで3回の草取りを計画している。本日は最初の草取りとなる。曇り空で絶好の草取り日和になり、約40人の人が参加してくれた。家庭菜園で乾いている土の雑草取りと大きく違う事が判った事が収穫だった。
本日は腰をかがめる作業が多かったが、転んで泥んこになった人はいなかったようだ。

雑草が生えて来た田
▲稲はたくましく育ってきたが、雑草や藻が発生している。

水田の3雑草
▲困った3種の雑草:左、オモダカ。中、アシカキ。右、ホタルイ。次回からイボクサ、ノビエ、コナギ等が生えてくるようだ。

はったんどり
▲手動のはったんどりという助っ人:省力化が出来てうれしい。

はったんどりの作業
はったんどりでの雑草取り:田植えをした列間の雑草をとり、下に埋める。

手作業で草取り
腰をかがめての草取り:列間は取れるが株間は手作業で抜く。水田では取った雑草はそのままにしておくと枯れてしまうので手間が省ける。株間に手を入れるので酸素の補給にもなり稲の生育良いようだ。
続きを読む

片倉城跡公園でショウブを観察

梅雨に入りつかの間の晴天日、所属する狭山市植物友の会で毎年ヤマブキソウを観察する片倉城跡公園で、ショウブ等を観察した。残念ながら4月のヤマブキソウ開花時期にはショウブの花は見られない。
念願の開花時期のショウブは見られたが、ショウブ田の半分以下しか苗が生育していない。公園全体でも花の数か少なく残念だった。

コースタイム:=クロスバイク 54km
狭山自宅(7:47)=拝島橋(8:52)=八王寺八幡町(9:13)=(9:18)片倉城跡公園・昼食(11:27)=八王寺八幡町(11:37)=拝島橋(1:55)=狭山自宅(13:00)

スイレン
▲池にスイレンが開花している。バックにアジサイも開花している。

下から見た菖蒲田
▲奥の沢方面へ向かった景色:ショウブが部分的に開花している。中央に水車小屋が見える。

上から見た菖蒲田
▲奥の沢方向から入口方向の景色:ショウブが部分的に開花している。中央に水車小屋が見える。

ムラサキシキブノ花
ムラサキシキブの花:奥の沢から上に登る道沿いに多く開花している。貴重な花だ。

ニワゼキショウ
▲本丸広場の日影になっていた芝生の中で咲いていたニワゼキショウの花。



赤坂の森公園で初夏の植物観察する

狭山市の赤坂の森公園で所属する狭山市植物友の会で初夏の植物観察を行った。花の種類も少なく地味な花が多かったが、新しい花に会え楽しめた。

ネジバナ
ネジバナ

ヒメヤブラン
ヒメヤブラン

ウメガサソウ
ウメガサソウ(梅笠草):ウメに似た白い5枚の花弁がある

イチヤクソウ
イチヤクソウ(一薬草):脚気の薬になる。

クチナシソウ
クチナシグサ

シャクジョウソウ
シャクジョウソウ(錫杖草):腐生生活を営む植物

高幡不動尊の山アジサイを見学

梅雨期前の貴重な晴天日。妻孝行のため、高幡不動尊の境内の山アジサイを見学した。普段見る事が出来ない珍しいアジサイを見られて楽しかった。

多摩モノレール
▲立川から高幡不動尊まで多摩モノレールに乗る。普段サイクリングで下から見る事が多い。

すみだの花火
スミダノ花火

みやまやえ紫
ミヤマ ヤエ紫

横浪の月
横浪の月

深山八重紫
深山八重紫

ダンスパーティー
ダンス パーティー

ハワイアンファーストレディ
ハワイアン ファースト レディ

文楽テマリ
文楽 デマリ

アンズの収穫と加工をする

玄関付近に植えたアンズに今年も多くの果実がなり、いろいろ加工して楽しむ。疲労回復に役立つらしい。

アンズの果実
アンズの収穫:合計で100個以上収穫できた。

ジャムの製作
▲アンズジャム製作のため、皮をむき、種を出す。

アンズジャムの完成
アンズジャムの完成:毎日では飽きるので1日おきに使っても半年くらい使える。

アンズ酒
アンズ酒・シロップ漬けを作る:アンズが余ったので作る。

家庭菜園の新しい試み1

家計菜園は毎年同じような作物を同じような方法で作り、程々に収穫している。すでにソラマメ、キヌザヤエンドウ、タマネギ、大根、カブ等は収穫が終わっている。
今年は新しい試みを進めている。

長ネギの植え付け
長ネギの収量を倍にする:長ネギの作付面積に比べ、苗が多すぎ、苗を植えかえる溝の両側に植えた。これで収穫量が増えればいいが?

枝豆の植え付け
枝豆の植え付け:まだサニーレタスが全部収穫していないけれど、空いている場所に次に植える枝豆苗を植える。枝豆を蒔いた場所で大きく育てるより、多少小さい苗を正式な場所に植えた方が早く収穫出来ると思い試みる。

スイカの栽培
スイカの栽培:スイカは今まで夏の日照時間が少なく、難しかった。最近、日照時間が長くなり、平均気温も高くなったので作りやすいと思い、小玉スイカの苗を植えてみた。

晩春のシオジの森を訪ねる

名栗付近は暑かったが名郷から谷川沿いは涼しい。本日はシオジの原生林を眺める事が出来るためワクワクする。しかし、南アのコメツガやシラビソの混みいった原生林と違う。シオジ自身が背丈が大きく先端に葉が茂っているので、首を上に曲げないと木々が茂っているのが見えない。前回と同じように多くのシオジの幹が見え、今回、森全体が暗くなて、下草が少なくなっている。しかし背丈の低いシデ等が茂ってい賑やかに見える。
ウノタワの窪地は緑に囲まれ別世界の様に美しい。カラマツ、ブナ、カエデ等がきれい生育し、周辺の苔も素晴らしい。今回ウノタワで多くの時間を過ごせて満足だった。ここでは色の着いた花が見られず残念だ。

コース・タイム=はクロスバイク 80km
狭山・自宅(8:08)=名郷・海抜371m(1045)=(11:54)登山口・海抜692m(11:58)-(13:12)ウノタワ・昼食 海抜1,080m(13:48)-(15:14)登山口(15:19)=狭山自宅(18:06)

オオバアサガラ
オオバアサガラ:横倉林道沿いで出会う。渓流沿いの湿った場所に生育する。

ウノタワへの谷にある滝
▲ウノタワへの谷の小滝:背景の緑が濃くなっている。のんびり眺めていても飽きない。

シオジの森
▲ウノタワへの谷のシオジの森:背丈の低いシデ類も育っている。

シオジの幼木
▲シオジの大木に沿って育っている幼木:左端の木。フジの様な羽状複葉で17枚の葉が付いている。

ウノタワへの谷沿いに咲くガクウツギ
▲ウノタワへの谷の苔岩地帯に咲くガクウツギ:奥に白く咲いている。

ウノタワのカラマツ
▲ウノタワのカラマツとイタヤカエデ:苔もきれいだ。

イタヤカエデ
イタヤカエデの果実:ウノタワで多く見かけた。秋が楽しみだ。

ウノタワのモミジ類
▲各種モミジ:ウノタワに多い。

FC2Ad

まとめ