かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

涼を求めて多摩自転車道を走る

連日の猛暑で行き場に困っている。近所で涼を求めれれそうな多摩自転車道を午前に走ってみた。たまたま曇り空で、道の上を雑木が覆っているところで26℃で涼しく感じた。雲が取れ太陽が出てきたら34℃になった。単純に比較できないが、雑木に覆われる方向の道を使えば効果はありそうなので何回は試してみたい。
雑木の夏の姿を紹介する。

クサキ
クサギ(臭木):道沿いの数十ヶ所を通過するが良い香りがする。葉や枝をちぎると強い悪臭あがる。ひどい名前だ。

コブシ
コブシ:早春に白い花が咲き目立つ木だ。実は写真の様にまだ未成熟なコブ状の不定形だがきれいなピンク色をしている。

ゴンズイ
ゴンズイ:9-10月に実が赤く熟すのが楽しみだ。

アカメカシワ
アカメカシワの花:新芽が赤色で、カシワの葉と同様に食物を包むのに用いたにのが和名の由来らしい。

スポンサーサイト

岩手県へドライブ

毎年、夏休みに高層湿原の植物を見に行っている。今年は岩手県の「焼石岳」を計画し適期の7月下旬にした。後半は妻孝行のため、中尊寺と気仙沼にした。
しかし天気に見放され高層湿原行きは中止し「岩手県の観光」にした。
東北自動車道は白、うす紫のムクゲが満開で暑さを忘れさせる。またヤマユリも多く咲いていて新しい発見だ。

コースタイム
 7月24日(金) 5:40-17:50 589km
 7月25日(土) 8:12-15:15 140km
 7月26日(日) 6:56-16:25 546km 合計1,275km

スキー場の動物園
▲予定していたキャンプ場は水浸しになり、急きょ近所のスキー場のホテルに泊まる。夏は宿泊客の子供用に動物を準備し頑張っている。


中尊寺境内のヤマユリ
▲中尊寺境内のヤマユリ:私はコンクリートの金色堂の阿弥陀如来見学をパスし境内の植物を見て歩いた。

北上大橋
北上大橋:北上川に架かっている素晴らしい橋:通過した時、構造が頑丈過ぎ驚く。調べるとバランスドタイドアーチ型で有名な橋の様だ。

大浦地区
▲気仙沼の大浦地区:4年たつが、中央部分が崩れたままになっている。しかし復興は着実に進んでいる様だ。

復興屋台村
▲復興屋台村の食堂で昼食をとる。

病院移転予定地
▲被害にあわなかった民宿に泊まる。その前で他からの病院移転のため、土を盛り上げている現場。

秩父 寺坂棚田学校の3回目の草取りに参加

昨日まで雨模様の天気であった。本日は草取りのためあんまり歓迎できない快晴だ。省力化のための「はったんどり」という道具は稲の株が大きくなったので使えず、手作業での草取りになる。水面に近いので31℃85%と蒸し暑く大変だった。

コナギ
▲雑草の99%のコナギ:一部葉柄の基部に数個の青紫に花を付けていた。中央下部のうす黄色い粉はイチョウウキゴケ。

立派な稲
▲立派に育った稲:今後無駄な分けつ(株分け)を防ぎ品質の良いお米にするため、表面にひびが入る程度水を抜く「中ぼし」という作業をする。

スイカ1
▲参加者から家庭菜園の作品を差仕入してもらう:休憩時間に冷えたスイカと食べ放題のマクワウリで英気を養う。

初夏の家庭菜園 その2

梅雨があけきらないが、野菜類の収穫が始まっている。去年と多少違うやり方したので紹介する。

小玉スイカ等
▲小玉スイカとトウモロコシ:小玉スイカは今年初挑戦。トウモロコシは1苗に1本の実を付け実を大きくした。

枝豆
▲枝豆:防虫網を張りカメムシの害を防止。

茗荷
▲茗荷:毎年8月に地表から芽が出たものを収穫:今年は苗が繁殖しすぎているので余分な苗を取り除いていたら、地中にある芽を見つけ収穫。約半月前に収穫。

長ネギ
▲去年の長ネギが余ってしまったので今年の春、植え直した。毎年初冬から収穫していたが、十分太い苗は収穫し食べている。

間引きゴボウ
▲ゴボウ:毎年ゴボウが発芽するとネキリ虫に食われてしまう事が多い。今年はネキリムシ対策として苗間を狭くし成長させた。そろそろ苗間は狭くなって来たので間引きしてそれを食用にしてみた。成功。

涼を求めて名栗 ウノタワへ登る

梅雨が抜けないのに暑い。本日は名栗の名郷から谷川沿いとウノタワへの谷を登り涼を求める。6月初旬にシオジの原生林を求めて来た。本日見ると谷沿いのシオジやシデの葉が生育し多少暗くなっている気がする。途中の苔岩地帯も苔の色が濃くなっている気がする。ウノタワ付近の雑木林にトチノキが多いのに気づく。ウノタワは広々としてい眺めていて気味とが良い。
ウノタワの谷からウノタワ簡易温度計で27℃で下山後名郷で34℃、約7℃の涼を楽しめた。盛夏では2000m以上に登らないと涼しくないが谷に入ると涼しい。また苔の美しさを楽しむ事が出来た。
次回は滝付近でイワタバコの花を期待したい。7月14日

コース・タイム=はクロスバイク 80km
狭山・自宅・30℃(7:55)=名郷・海抜371m・33℃(10:32)=(11:52)登山口・海抜692m・30℃(11:58)-(13:00)ウノタワ・昼食 海抜1,080m・27℃(13:45)-(14:50)登山口(14:53)=名郷・パンク修理(16:04)・狭山自宅(18:13)

林道の苔
▲林道沿いの珍しい苔

ウノタワへの谷の小滝
▲ウノタワへの谷川の滝:6月初旬より木々も苔の色も濃くなっている様だ

ウノタワへの谷の苔岩地帯
▲ウノタワへの谷の苔岩地帯:苔も成長している様だ

倒れた木の苔
▲倒木に生えているハネヒツジゴケと赤い胞子体:胞子体から胞子が出て繁殖するらしい。

ウノタワの平坦部
▲ウノタワのカラマツとモミジ類の広場:平日なので30分間独占し眺めた。

ウノタワの苔
▲ウノタワの広場に繁殖しているスギゴケ(?)


秩父 寺坂棚田学校の2回目の草取りに参加

まだ梅雨が明けない5日、雨天の中、2回目の草取りに参加。幸運にも出がけに降っていた雨も横瀬駅に着くとも止み、曇り空になっていた。雑草が生えていると、養分を雑草に取られ収穫量が減るので3回に分けて取り除く。
天気の関係で9時の点呼では普段の1/3程きり参加者がいないので、私は今回初めて「はったんどり」という道具を使い草取りの前行程をやる事が出来ラッキーだった。カメラを持参していなかったのでスマホで撮影。

曇りの天気
▲たくましく育っている。背丈が30cm位に成長している。

5倍に株増える
株の数が5倍に増えている:田植えでは3-5本の苗植えたが本日数えたら約20本と1.5ヶ月で5倍に増えている。古代米なので根元が黒っぽく、葉に黒い斑点がある。

オモダカ
▲右側2列にオモダカという雑草がはびこっている。約95%はこの草で他にホタルイと下のコナギが生えている。

コナギの花
▲中央下方にコナギという雑草の花が咲いている。中央に三菱のマークの様な葉が見える。

ヤブカンゾウ
▲畦に咲いているヤブカンゾウ:左上は二子山、左中央が草取り風景。

初夏の家庭菜園 その1

初夏の家庭菜園は毎年同じように、玉ねぎ、ジャガイモの収穫が終わり、キュウリ、トマト等の夏野菜の収穫期である。特に、これから収穫出来る枝豆とトウモロコシは収穫後すぐに食べると、市販品より甘くおいしい。家庭菜園で雑草対策等で苦労するのがこの瞬間報われる様だ。

スイカが生長
▲12cm位に成長した小玉スイカ。カラス対策が必要になってくる。

スイゼンジナ生長
水前寺菜(金時草):茹でるとヌメリが出てきて、おいしい。春に岐阜に行った時に購入し初めて育てる。

ゴボウの花
ゴボウの花:去年のゴボウを植えたままにして置き、春に出た苗からこの花が咲いた。

家庭菜園2
▲右から見た家庭菜園:トウモロコシ、網で覆っている枝豆、スイカ、網で覆っているグロッコリー等が見える

家庭菜園1
▲左から見た家庭菜園:キュウリ、トマト、トウモロコシ、網で覆っている枝豆、スイカ、網で覆っているグロッコリー等が見える

家庭菜園3
街路灯の家庭菜園への影響:右上に街路灯があり、夜中に植物を照らしている。影響が出なければ良いが心配だ。

FC2Ad

まとめ