かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

片倉城跡公園の植物観察をする

本日は、狭山植物友の会で八王子の片倉城跡公園に行き、植物観察をした。朝方小雨が降りそうだったが、回復し、写真撮影日和であった。3回目であるが、今までにない植物が見られた。

コイノボリ
▲公園の近所の幼稚園のコイノボリ

サギゴケ
サギゴケ:身近な雑草のムラサキサギゴケより大きい。

ムラサキサギゴケ
ムラサキサギゴケ:身近な雑草のムラサキサギゴケより大きい。

ササバギンラン
ササバギンラン:ギンランと違い、花のすぐ下にある葉状の苞が長く、花より高く伸びる。

スゲヌマラン
クゲヌマラン:ギンランは距(鳥のスネの後ろにある突起の様なもの)があるが、スゲヌマランには距がない。

タマノカンアオイ
タマノカンアオイ:花弁は無くわずかな匂いでキノコバエの仲間を寄せて受粉するらしい。
スポンサーサイト

湯河原 幕山(626m)に登る

久しぶりに山歩会の湯河原 幕山山行に参加した。天気も良く7人が参加し、相模湾の真鶴半島方面の眺望と新緑を楽しんだ。
珍しく通勤時間帯の電車を利用したので、年金納入者の通勤客に敬意を示し、座席に座るのを避けた。

コース・タイム:=は公共交通
東京駅(8:18)=(9:45)湯河原(10:00)=(10:15)登山口(10:26)-(11:57)幕山山頂・昼食(12:42)-登山口(14:40)=湯河原(15:09)池袋(17:52)

登山口にヤエザクラ
▲幕山登山口に咲いていたヤエザクラ

岩場
▲山腹に連なる岩場:これが幕の様に見え「幕山」と命名されたらしい。登山口付近からここまで、2-3月に梅の名所として賑わう様だ。

クライマー
▲この岩場で練習しているクライマー:登山口付近の駐車場が混んでたのはこのクライマーの車らしい。

名称不明
ヒメハギ:図鑑をみると、類のない独特の美しい形をしていると表現している。

山頂からの湯河原
山頂の眺望:湯河原の町と前方の相模湾と左側の真鶴半島、はっきり見えないが、中央に初島、右側は伊東方面。

山頂での昼食
▲山頂で昼食。

タニギキョウ
▲下山道で咲いていたタニギキョウ

アケビ
▲下山道で咲いていたアケビ

4月下旬の狭山市立智光山公園の様子

狭山市立智光山公園の野草園の管理を狭山植物友の会に任されている。私は4月から毎週月曜日の野草園整備日にお手伝いをする事になった。初夏に向けて雑草がひどくなるので野草を残し雑草を取る難しい作業に従事している。先輩の皆さんのご指導で少しずつ慣れてきている。
本日は帰路、公園内の「都市緑化植物園」で最近開花している花を観察して来た。

ハンカチノキ
ハンカチノキ:花弁の様な2枚の白い苞が球状の花を包む。

ユリノキ
ユリノキ:花がチュウリップの様なので、英語名を「チュウリップ ツリー」言う。高木だが、偶然低い所に咲いている花を見つけ撮った。

メギノキ
メギノキ:薬草園で非常に目立っていた。新緑の季節なのに紫色に近い葉である。幹や根に薬効がある。洗眼、健胃、整腸の作用がある。秋に赤い実が出来る。

春の奥武蔵 ウノタワに登る

本日好天で風も弱いので、今年初めてウノタワに登った。横倉入の山中で自転車を置き、ウノタワに向かった。横倉入のシオジの森付近は、背の低いシデ類は新緑だが、シオジはまだ新緑前の白い薄緑色だ。ニリンソウ、ムラサキケマン、カタクリ、ヤマメネコノメソウが賑やかに歓迎してくれた。
ウノタワは1,000m位あるので、新緑手前の白い薄緑色で気温の上昇を待っている。

コースタイム:=はクロスバイク 77km
狭山自宅(8:18)=名郷(10:57)=横倉入(11:42)-(12:10)ウノタワ入口・昼食(12:25)-(13:35)ウノタワ付近散策(13:55)-ウノタワ入口(14:40)-横倉入(14:52)=名郷(15:10)=狭山自宅(17:12)

ウワミズザクラ
▲途中の山王峠付近に咲いていたウワミズザクラ

ウノタワ入口の山桜
▲ウノタワ入口の新緑:写真中央の山桜は満開だった。

入横倉
▲横倉入の谷川

シデの新緑
▲シオジの森。シオジは白い薄緑色で、新緑直前だ。背の低いシデ類が新緑だ。

古い苔の上の新緑
▲苔地帯もシデ類の新緑が目立つ。

エーザンスミレ
▲時々、エーザンスミレを見る。

ヒロハコンロンソウ
ヒロハコンロンソウ

4月のウノタワ
▲4月22日のウノタワ:1,000mあるので、まだ新緑先の様だ。写真左側のカエデの枝が、折れてしまっていた。

カラマツ
▲前景はカエデの芽吹き、後景がカラマツの芽吹きでまだこれからだ。

三つ葉ツツジ
▲付近のミツバツツジ:右下の方にも咲いている。

4月下旬の水野の森の様子

新緑の芽ぶきがどんどん進み、緑色が日に日に濃くなってきている。花も少しずつ咲いて来ている。

フデリンドウ
フデリンドウ:整備されている雑木林で見つけた。木漏れ日のお陰で開花していた。4月19日

ヤマツツジ
ヤマツツジ:どこにでも咲いているが、整備されている雑木林には多く咲いている。4月19日

オトコヨウゾメ
オトコヨウゾメ:秋に赤い果実が出来るが、やせて食べられないので「オトコ」とついたらしい。整備されている雑木林で見つけた。4月19日

コウゾ
コウゾ:和紙の原料、右端の下にたれている丸い花が雄花、ピンクの毛の着いている花が雌花。4月25日

クチナシグサ2
クチナシグサ:花がクチナシの実に見ているためらしい。4月25日







新緑の鎌倉散歩

ATSUKI会会員のT夫妻の娘さん「あかねちゃん」が4歳になったので、お散歩デビューしてもらった。Aさんが新緑の鎌倉の散歩を計画してくれた。天気も良くお散歩日和で珍しいお花類が一杯見られ、あかねちゃんも大喜びだった。
大人だけのハイキングに子供が入ると無条件で明るくなり、大人たちもあかねちゃんと手がつなげ楽しめた。

鎌倉浄智寺山門
▲浄智寺山門:中国式鐘楼門といわれる珍しい様式の様だ。

鎌倉浄智寺境内
▲書院:新緑と赤い新緑のモミジが目立つ。この庭は四季の花が咲き風情を醸し出す様だ。

鎌倉葛原岡神社前の広場1
▲葛原岡神社前の広場で昼食1

鎌倉葛原岡神社広場2
▲葛原岡神社前の広場で昼食2

鎌倉海岸
▲散歩道から相模湾の三浦半島方面が見え、皆感激した。

鎌倉大仏
▲幼稚園でもこんな大きなお人形さんは見た事がないと大はしゃぎのあかねちゃん。

奥武蔵 蕨山でアカヤシオを堪能する

去年、4月27日にほぼ散ってしまった蕨山のアカヤシオを見てきた。今年は2週間早く、15日に登った。残念ながら、強風で撮影に支障が出たが、約100本位のアカヤシオはほぼ満開で大満足だった。

コースタイム:=は電車・バス 約21,000歩
西武池袋線武蔵藤沢(7:26)=(7:40)飯能(7:45)=(8:39)名郷(8:46)-植林地終了(9:50)-(11:30)蕨山頂上1044m・昼食(13:00)-植林地開始(13:21)-(14:24)名郷(14:43)=(15:39)飯能(15:45)=武蔵藤沢(15:58) 参加者:TK、YK

伊豆が岳方面
▲植林地帯を過ぎ、雑木の芽ぶきの背後に伊豆ヶ岳と古御岳が見える。この付近に多少三つ葉ツツジの花が見えた。

アカヤシオ2
▲風に吹かれているアカヤシオ

イワウチワ
▲コースの岩石地帯と頂上付近にイワウチワが咲いていた。

川乗山方面
蕨山頂上:前方に川乗山方面が見える。

アカヤシオ3
▲山頂付近のアカヤシオ:気温が低いので蕾が目立つ。

アカヤシオ4
▲午後、多少風が治まり、良く撮影できるようになったアカヤシオ

アカヤシオ5
▲石灰岩採掘現場付近をバックにしたアカヤシオ

蕨山不明植物
▲植林地帯に咲いていた野草の花:ミツバコンロンソウ。図鑑になかったが、ネットに載っていた。

入間市 豊水橋付近の植物観察

所属する狭山市植物観察会で豊水橋付近で、春の植物観察をした。川岸なので湿原の植物が多く見られた。

ヒキノカサ
ヒキノカワ:Dリーダーが珍しい花と推奨してくれた。次のキツネノボタンの小型版

キツネノボタン
キツネノボタン

コウゾのつぼみ
▲和紙の原料のコウゾのつぼみ、下向きは雄花の様だ。

オーニソガラム・ウンベラタム
オーニソガラム・ウンベラタム:園芸種の球根が飛んで来たようだ。

カワジシャ
カワジシャ:ジシャとはレタスの中国名らしい。

シャク
シャク

オニグルミ
オニグルミ:上が雌花、下が雄花。赤い雌花の下に赤ちゃんクルミが出来てきている。

ときがわ町 慈光寺の桜見学

去年、慈光寺の境内に52種類の桜があり、3月25日~4月30日の間に開花すると記載されている観光案内を入手した。
本日、朝の気温は低いが風が弱いので、自転車で行ってみた。
4月12日現在、約20種ほどほぼ満開、17種位散ってしまい、15種位蕾状態である。植物園と違い1種ずつ植えてあるわけでなく、中心は「ソメイヨシノ」、そして「一葉」、「普賢蔵」という品種が比較的多く見られた。
種類の多さに驚く。来年は4月後半に行ってみたい。

コーズタイム:=はクロスバイク、69km
狭山自宅(8:15)=(10:20)ときがわ町慈光寺、徒歩で境内見学・昼食(13:25)=狭山自宅(15:51)

ときがわ町の新緑
▲ときがわ町の林の芽ぶき:この季節の新緑はどこでも気持ちが良い。

桜白妙
白妙

桜南殿
南殿

桜一葉
一葉

桜大提灯
大提灯

シャガ
▲境内にはシャガが一杯生えていた。

桜天の川
天の川

桜雲珠桜
雲珠桜

般若心経堂
▲般若芯径堂付近から「さいたま梨花カントリークラブ」が見える

霊山員入口付近
▲霊山院入口付近

桜雨宿
雨宿

桜御花黄
御花黄

桜紅豊
紅豊

近所の街路樹を観察

春たけなわ、天気も良く、風が弱いので、近所の街路樹を観察しまくった。

ベニバナトキワマンサク箱根ヶ崎
ベニバナトキワマンサク:国道16号箱根ヶ崎駅入り口付近。府中街道のより植えてある間隔が狭く、存在感が大きい。

カイドウ
カイドウ1:国道29号バイパス、拝島大師付近。早い株は散っていた。

カイドウ2
カイドウ2:アップ写真

ハナズオウ
ハナズオウ:国道163号羽村街道、羽村高校付近。植樹したてなので、数年後が楽しみだ。

ボケ2
ボケ1:国道299飯能狭山バイパス新光付近。大幅に適期を過ぎてしまってい、新芽が出てきている株が多い。

ボケ1
ボケ2:来年は自宅のボケの咲き具合を持て訪ねたい。

FC2Ad

まとめ