かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

8月の智光山公園 野草園の様子

本日、15日はお盆中だが、雑草にはお盆休みが無く、生長しているので整備をした。開花したいろいろな野草に出会えた。
レンズに汚れがあり、ピントが甘くなりごめんなさい。

智ヒヨドリバナ
ヒヨドリバナ

智シキンカラマツ
シキンカラマツ(紫錦唐松):昨年、種をいただき我が家でも育てているが、まだ蕾も出てこない。

智オミナエシ
オミナエシ(女郎花):昔は身近にうるさいほど見かけたが、最近は貴重品らしい。

智ツリガネニンジン
ツリガネニンジン

智フジカンゾウ
フジカンゾウ:ヌスビトハギは3小葉だが、これは5-7小葉だ。

ここから、8月31日に狭山市植物友の会の見学会
智2ナンバンキセル
ナンバンキセル:ススキの根に寄生する1年草。膀胱炎、のどの腫れの治療に効く様だ。野草園

智2オトコエシ
オトコエシ(男郎花):オミナエシ(女郎花)より丈夫そうなので、この名がついた様だ。

智2テイカカズラ
テイカカズラの実:花菖蒲園の南側で見つける。実は2本が対になっている。
 
智2ジンジャー・リリー
ジンジャー・リリー:薬草園に咲いていた。鎮痛、抗うつ作用、肌を若がえさせる作用・抗菌作用・強壮効果があるらしい。花の適期が少し過ぎていた。

智2トロロアオイ
トロロアオイ:薬草園に咲いていた。胃腸病、咳止め、丸薬を形作る粘料として用いる。
スポンサーサイト

8月初旬の奥武蔵 ウノタワの様子

梅雨が明け毎日 暑い。避暑を兼ね、去年見られなかった「イワタバコ」を探しにウノタワに行く。名栗沿道はサルスベリの花が目立つ。名郷付近は32℃だったが、ウノタワへの谷は25℃と避暑の目的は達成できた。

コース・タイム:=クロスバイク 76km
狭山自宅(7:48)=名郷28℃(10:30)=横倉林道入口(11:15)-ウノタワ入口・昼食(11:58)-(13:05)ウノタワ散策・25℃(13:20)ーウノタワ入口(14:03)-横倉林道入口(14:46)=名郷32℃(14:59)=狭山自宅(17:13)

ウノ イワタバコ
イワタバコ:ウノタワ入口の右岩壁に50株位咲いている。湿った岩壁に生える。名前は葉がタバコの葉に似ているため。

ウノ マルミノヤマゴボウ
マルミノヤマゴボウ:ヨウシャヤマゴボウと異なり、実が上を向いて付いている。

ウノ横倉入りの谷川
ウノタワへの谷川:この谷川に近づくと非常に涼しい。

ウノ苔地帯
苔地帯:ウノタワへの谷の中間位にあり、背後は「シオジ」の原生林になっている。

ウノ ホウノキの実
ホウノキの実:この付近の最近の豪雨のため、ホウノキの葉が落葉している。実も熟す前に落ちている。偶然、苔の上で登山者を歓迎している様に見える。

ウノ ウバユリ
ウバユリ(姥百合):ウノタワ入口付近で開花。名前の由来は、花が終わると葉が枯れる事を「歯が抜け落ちている老婆」にたとえている。

ウノ ウノタワの平地
ウノタワの平地:目の前に平地が広がっているので、気持ちが良い。

FC2Ad

まとめ