かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

アカヤシオツツジを求め、奥武蔵 小持山方面に登る

去年4月15日に奥武蔵 蕨山に登り、アカヤシオツツジを楽しんだ。今年は少し奥の小持山方面に登ってみた。妻孝行のためウノタワ登山口まで車で入った。
苦労していったが、花数が蕨山の半分以下の様で残念だった。日曜日でお出掛け日和なので老若男女、愛犬に出会え素晴らしい1日であった。

コースタイム:=は乗用車
狭山自宅(7:40)=名郷経由ウノタワ登山口(8:52)-(10:10)ウノタワ(10:15)-妻坂峠分岐点(11:00)-大持山(11:15)-(11:55)途中で昼食を取り戻る(12:13)-大持山(13:00)-(13:55)ウノタワ(14:15)-ウノタワ登山口(15:05)

DSCN6486.jpg

ヒトリスズカ:ウノタワへの沢沿いで二輪草、ミツバコンロンソウ、ジロウボウエンゴサク、いろいろなスミレ、ハシリドコロ、ヤマネコノメソウそしてカタクリが歓迎してくれた。カタクリは小持山の途中まで見かけた。

DSCN6506.jpg
▲ウノタワの広場:海抜1,000m位なので1月遅れの様子だ。

DSCN6526.jpg
ブナの芽吹き:大持山方面に行く尾根で多くのブナの芽生えを見る。右下にミツバツツジが開花していた。

DSCN6533.jpg
▲途中、鳥首峠、蕨山方面が見える。部分的に雑木林の新緑が目立った。

DSCN6540.jpg
貴重なアマヤシオツツジ:大持山-小持山の中間地点。

DSCN6546.jpg
▲わずかに咲いてたアカヤシオツツジのバックが小持山

スポンサーサイト

S氏のオープンガーデンを見学

狭山市で去年から園芸好きな市民の自慢の庭を許可を得てオープンガーデンとして市民に公開している。
多聞院の帰路の途中に寄った。S氏は我々植物友の会に入会を希望していながら多忙で参加していない。
数百坪の敷地に山野草を中心に園芸種、外国園芸種も多彩に栽培している。
突然11時頃お邪魔したが、近所の10人位の人と青空昼食会の準備中でながら、気持ちよく案内してくれた。
年間、花を絶やさないようにしているので機会を見て再訪したい。

DSCN6481.jpg
▲S 邸:周囲には空きりない豪邸

DSCN6477.jpg
大判草:合田先生がフランスから持ち帰り普及させた。合田草とも言う。花後、緑の楕円の形をしている実が熟し大判の様に見えるらしい。豪邸に相応しい花だ。

DSCN6473.jpg
▲左がキンギョソウ ブロンズレッド、右がジギタレス イルミネーションフレイム。外国産かも知れない。

DSCN6468.jpg
▲名称不明:この花の近くに挿してあるラベルはこの花と違っていて名称不明。

DSCN6472.jpg
▲名称不明

DSCN6479.jpg
▲名称不明

多聞院で山野草を見学する

所沢市のHPで中富の多聞院のクマガイソウが開花しているという情報を得た。前に行った時が適期を過ぎてしまっていた。所沢市はボタンの寺で売り出し、山野草は付け足しの感がする。4月29日

DSCN6439.jpg
▲約100本位のクマガイソウ内にキンランも同居している。

DSCN6445.jpg
▲こちらはユキモチソウと同居している。

DSCN6455.jpg
▲別の場所では手前にジエビネ、中心に竹の子と賑やかだ。

DSCN6436.jpg
八角蓮も隅で咲いていた。

DSCN6450.jpg
シロバナエンレンソウ:他の区画で咲いていた。

DSCN6452.jpg
▲付け足しの鬼の悟り像:左右にホウチャクソウが咲いていた。

DSCN6461.jpg
▲さらに付け足しのボタン。中高年の女性見学者に人気だ




春になり盆栽が見られるようになってきている。

DSCN6947.jpg
約2年前にM氏の指導を受け、雑木盆栽を習い始めた。原則、近くに雑木林の苗を素材に、空いている素焼き鉢を使い、安上がりで楽しめるようにした。

DSCN6432.jpg
コデマリ:2年前に勤めていたF荘の敷地内の剪定くずを挿し木して素材にした。この春開花した。バックにダンボール置き、傘で直射日光を遮り撮影した。4月29日

DSCN6706.jpg
▲ヒメライラック:去年の大盆栽展で買った苗を仕立て途中だが、花が咲き感激だ。5月2日

DSCN6707.jpg
▲イボタ:園芸用イボタで野生は白花だがこれはピンクでかわいい。苗はM氏よりいただく5月2日

DSCN6715.jpg
▲ベニシタン:盆栽ではおなじみの植物で、大盆栽展での多く販売していた。M氏より教材としていただく。5月2日

DSCN6947.jpg
▲ピンク エゴノキ:2年前の盆栽展で素材の苗を衝動買いして育てやっと一部開花し感激した。5月18日

水野の森の春

今までと同じ水野の春を迎えている。
新しいものとして、フデリンドウを撮影できたことである。4月25日

DSCN6422.jpg
▲フデリンドウ

DSCN6718.jpg
▲キンラン:我々が伐採して光がさして来て今年初めて見つけた。散歩者に感謝された。5月6日

DSCN6716.jpg
▲ギンラン;我々が伐採して光がさして来て今年初めて見つけた。散歩者に感謝された。5月6日

FC2Ad

まとめ