かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

涼を求め、青梅街道奥多摩湖付近を走る

奥多摩湖西岸の「山のふるさと村」に格安キャンプ場があるようなので、自分の足で行けるか確かめたい。ついでに、青梅街道の7つのトンネルで涼を楽しむことにした。青梅から奥多摩に向かう時、多摩川の南岸にも2つのトンネルがあるのでそれも楽しむ。
多摩川南岸のトンネル(城山トンネル1,908m)は外気が32℃の時24℃と気持ちが良い。青梅街道の7つのトンネルは古いので漏水のシャワーが楽しめた。
105km走ったが、帰路、70km付近で右足がつってしまい苦労した。年とともに足の無理がきかなくなり、奥多摩湖へは日帰りは無理なので格安キャンプ場を利用することにする。

コース・タイム:=クロスバイク105km
狭山自宅(8:30)=御岳(10:00)=古里(10:30)=(11:40)小河内ダム・奥多摩湖・昼食(12:21)=狭山自宅(15:07)

DSCN7898.jpg
▲青梅街道から見た小河内ダム:最近の大雨でダムから放水している。何十回の見ているが初めての様だ。

DSCN7890.jpg
▲小河内ダムの内側:いつも水面に山肌が写る風景を見慣れているが今回は大雨の影響で水位が上がり山肌が見えない。

DSCN7895.jpg
▲テッポウユリ:野生化していて、小河内ダムの駐車場に咲いていた。
スポンサーサイト

真夏の稲荷山公園の観察

稲荷山公園は春お花見で有名なので、夏に公園に中まで入ることはなかった。本日、狭山市植物友の会で訪問しいろいろな植物を見る事が出来た。コバビボウシが多くの所で群生しているのには驚く。

DSCN7876.jpg
ビロードモウズイカ:併設の狭山市立博物館の庭園にあった。

DSCN7879.jpg
▲園芸種らしいが名前は不明:併設の狭山市立博物館の庭園にあった。

DSCN7880.jpg
▲狭山市立博物館庭園にあったモニュメント:

DSCN7883.jpg
フウセントウワタ(風船唐綿):左上が花、右下が果実。

DSCN7885.jpg
ヌスビトハギ:秋になりと実が衣類に着き困る。くっつき易い実を「どろぼう」という方言がある。名前のヌスビトはこのためらしい。

DSCN7886.jpg
メリケンカルガヤ:秋に穂が赤くなり遅くまで残る。


真夏の薬用植物園見学

今日は曇りで多少涼しかったので、東大和の薬用植物園を訪問した。薬に関係ないが珍しい花に名札がついているのがうれしい。8月13日。

DSCN7823.jpg
オクナ・キルキー(ミッキーマウスノキ):温室の外で展示。

DSCN7828.jpg
サルビア・コッキネア(サクラプルユ):

DSCN7848.jpg
アズキ:利尿、消炎、解毒、排膿作用がある様だ。隣の家庭菜園のもあるが、花を見るのは初めてだ。

DSCN7853.jpg
ギンセンカ:開花してすぐにしぼむことから、朝露草ともいう。

DSCN7855.jpg
キバナツノゴマ:果実を工芸品にするらしい。

DSCN7862.jpg
ハナイカダ:葉の上に実が付いている。

DSCN7865.jpg
ベニバナサワギキョウ

湯の丸山 高山植物の見学

高山植物の紹介本で湯の丸山を知り、たまたま帰省中の息子と妻の3人で見学した。小諸市の隣の東御市にあり、面白い体験ができた。

コースタイム:=乗用車移動
8月3日(木)
川越IC(9:00)=小諸IC(11:13)=(11:20)道の駅・昼食(11:54)=(12:41)池の平湿原見学(15:11)=ロッジ花紋着・宿泊(15:22)
8月4日(金)
ロッジ花紋発(8:34)-湯の丸山・2103m(10:30)-烏帽子岳方面の鞍部・昼食(11:56)-(12:50)ロッシ花紋(13:14)=道の駅・小諸IC(14:03)=川越IC(16:45)

DSCN7681.jpg
▲「雷電とクルミの里」という名の道の駅で地元出身のお相撲さんの雷電出会う。面白い企画の道の駅だ。昼食に雷電丼を賞味した。

DSCN7686.jpg
ミヤマホツツジ:以下池の平湿原周辺で観察。

DSCN7689.jpg
イブキジャコウソウ:付近にヤナギラン、ハクサンフウロが咲き乱れ、ピンクの花の林道の様だ。

DSCN7690.jpg
▲ド根性カラマツ:倒れたカラマツから直角に幹が伸びている。

DSCN7696.jpg
チダケサシ

DSCN7697.jpg
ウスユキソウ:雑草の様に目に留まる。

DSCN7705.jpg
▲途中から見た池の平湿原の木道と鏡池:

DSCN7715.jpg
▲右がクガイソウ、左がヤナギラン

DSCN7717.jpg
ホソバノキリンソウ

DSCN7718.jpg
ハクサンオミナエシ

DSCN7720.jpg
タテヤマウツボグサ

DSCN7726.jpg
マツムシソウ:適期をやや過ぎている様だ。

DSCN7738.jpg
コマクサ:高山の女王と言われている花に相応しい。盗掘防止ロープ超しに撮影。

DSCN7755.jpg
カラマツソウ:以下池の平湿原内の植物。ノアザミとワレモコウが目立つ

DSCN7763.jpg
▲黄色いマルバタケブキの花。ピンクはヤナギラン

DSCN7764.jpg
ニッコウキスゲ

DSCN7769.jpg
▲中央分水嶺を強調している「ロッシ花紋」の屋根。差別化したい商魂に恐れ入る。

DSCN7771.jpg
▲湯の丸山の登山口:リフトに沿って登る。背後に篭ノ登山とスキー場:ここは冬はスキー、夏は高山植物客と両立しているようだ .しているようだ

DSCN7779.jpg
シャジクソウ.:以下湯の丸山の登山道で目立った花

DSCN7781.jpg
シュロソウ:中央やや右の茶色い地味な花

DSCN7797.jpg
アキノキリンソウ

DSCN7800.jpg
▲烏帽子岳:湯の丸山山頂から見ている。

DSCN7804.jpg
ヤマオダマキ

DSCN7805.jpg
▲花名調査中:下山路だけで見た。

智光山公園で夏季の観察会を行う

本日、狭山市植物友の会で夏季の植物観察を行う。朝まで降っていた雨もやみ、曇り空でベストな観察日であった。新人のYさん、I さん、Kさんが加わり18名参加で盛況だった。

DSCN7661.jpg
コバノギボウシ:菖蒲園に飢えてあり、栄養満点のため立派な花が咲いている。

DSCN7663.jpg
ソクズ:瓢箪池付近で見つける。

DSCN7665.jpg
タカサブロウ

DSCN7666.jpg
アゼムシロ(別名ミゾカクシ(溝隠し):一方向の花弁がなく変わった形の花。

DSCN7668.jpg
白式部:紫式部の白色版

DSCN7812.jpg
キツネノカミソリ:8月7日

DSCN7900.jpg
ヒオウギ:薬草園。消炎、咳止め、のどの炎症に効果。8月28日

DSCN7902.jpg
ナンバンギセル:8月28日

DSCN7903.jpg
シオン:薬草園。咳痰に効果。9月4日

DSCN7906.jpg
ヒガンバナ:9月4日





FC2Ad

まとめ