かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

富士五湖を走る

9月27日(金)~29日(日)サイクリングで富士五湖を走る。3日共天気の恵まれ、リフレッシュしてきた。6月に1泊で河口湖に行って素晴らしかったので2泊し中の1日で富士五湖巡りをした。紅葉には早いが極端に暑くも無く寒くも無いサイクリング日和だった。行き帰り各100km、富士五湖巡りで100km。合計300kmを走る自信がつく。

27日(金
自宅から海抜約700mの甲武トンネルを越え海抜約100mの甲州街道に出る。行きも帰りもこのトンネルは私には難所だ。これを越えると大きな登り下りはは少なく、最終的に宿のある海抜約800mの富士吉田にだらだら坂を行くことになる。6月に1回走っているので緊張感は少ない。宿は私が年金生活者のため、今回も安いYH(ユース・ホステル)を使う。カナダ人やアメリカ人の若者が同宿した。YHのある町の商店街にはコンビニが無いので買い物に苦労した。約20年前位の我が家の近所の状態だ。
コース・タイム
狭山・自宅(7:40)-五日市駅(9:30)-甲武トンネル(11:15)-上野原(12:12)-大月市(13:40)-富士吉田YH(16:00)

甲武トンネル花
▲甲武トンネルへの急坂沿いに多く咲いているツリフネソウに癒される

リニア実験線
▲大月市の先に最近話題になっているリニア実験線の鉄橋が見える。

三つ峠
▲桂川沿いの水田で刈り取った稲が乾かしてある。後方中央に三ッ峠山が見える


28日(土
海抜800mの富士吉田では朝6度位に下がり暖房を使っている。7時頃出発したが寒い。本日は西方向に進み4湖を見て山中湖に行き宿に戻る。800mから1,100m位の所を登り下りする。途中にあった温度計が15度を指していた。道々には落葉とドングリ、クルミ、クリ等の木の実が目についた。また手つかずの原生林も多く走っていて気持ちが良い。5湖とも釣り客が多いのには驚かされた。今回、途中の観光地は時間的に行けなかった。宿には高齢登山者が8人が同宿した。富士山の5合目まで登り植物の観察をしてきたようだ。お婆さんが多いので遅くまで騒がしかった。

コース・データ
富士吉田YH(7:12)-河口湖(7:55)-西湖(8:40)-精進湖(9:35)-本栖湖(10:10)-(11:55)道の駅なるさわ・昼食(12:23)-山中湖(12:55)-富士吉田YH(15:30)


秋の河口湖
▲コスモスが咲く河口湖

王岳
西湖の北にある王岳方面の眺望。将来登りたい。

精進湖
精進湖の松の間から見える富士山

本栖湖
▲1,000円札の裏に印刷されている本栖湖湖畔から見た富士山を撮影した場所付近で私も撮影

山中湖
山中湖に行ったら富士山が雲に隠れてしまっていた。白鳥の形の遊覧船と背後三ッ峠山


29日(日)
6月、同じ道を往復したが帰りの方が早く自宅に着いたので、今回、帰りは寄り道をする。本日午前にサイクリング団体が、出発地点は不明だが、五日市駅から奥多摩湖への自転車のロードレースをやるため8:30-10:30は五日市駅から奥多摩湖まで通行止めになったらしい。私が五日市を走った頃はレースは終わっていた。

コース・タイム
富士吉田YH(7:18)-大月(8:00)-猿橋(8:45)-上野原(10:00)-甲武トンネル(11:24)-五日市(12:55)-狭山・自宅(14:39)

寿駅
▲富士急行の「寿駅」。おめでたい名前の無人駅。近所の地名の寿町が由来らしい。

岩殿山
▲大月駅の裏にある岩殿山で、武田氏の悲劇の物語がある。

猿橋
猿橋で日本3奇橋と言われ、橋脚を使わず、4層のはね木で支えているとの事である。











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamaoutodoor.blog.fc2.com/tb.php/124-7f218bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ