かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

入間川河川敷で初夏の植物観察をする

本日午後も、上空に寒気が入り、大気が不安定になり大雨が降る可能性がある1日であった。午前中の予定で狭山市植物友の会で、入間川の河川敷の植物観察を行った。幸い午前は多少日差し出たが蒸し暑いかった。
特に広瀬橋付近で私には珍しい花に出会えた。

セイヨウヒルガオ
セイヨウヒルガオ:花弁が薄いピンクのヒルガオに比べ白色に近い。

ウツボグサ
ウツボグサ:左下が開花した花で、他は蕾状態である。

ウマノスズクサ
ウマノスズクサ(馬の鈴草):馬の首にかけた鈴に似ているのが名前の由来らしい。ラッパ状の口から腐肉に似た匂いでを出して小型のハエをおびき寄せ、奥の球状の部屋に誘導する。ここには6本の雄しべと1本の雌しべがある。雄しべが花粉を出すと、小型のハエが脱出出来るようにな花粉を付けたハエが花から出てくる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamaoutodoor.blog.fc2.com/tb.php/229-c27d299a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ