かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

涼を求めて名栗の白谷沢を歩く

前回は6月21日には「名栗の白谷沢」の沢沿いの登山道から棒ノ峰に登り多少の涼しさを感じた。
本日も猛暑日になるらしいので、朝の涼しいうちに名栗 白谷沢に出発し天然クーラーの下で過ごす事にした。土曜日なので、途中名栗へのサイクリストも白谷沢から棒ノ峰に登る登山者も沢山いた。
登山口では28℃だったが滝群周辺は25℃位になり涼しい。水しぶきに近づくと更に涼しくなる。今回、滝群の最後を見たら引き返す予定なので周辺をじっくり見ながら歩き色々な植物を探せた。
帰路は天然クーラー内の登山道を少し離れ、昼食をとる。登山靴を脱ぎ沢の流れに足を入れ、周りの水の音、沢沿の木々を眺め至福の時を過ごす。残念ながら1時間半で飽きてしまう。今後一工夫して至福の時を増やしたい。

コース・タイム =はクロスバイク
狭山・自宅(6:11)=白谷沢登山口・海抜320m・28℃(8:47)-最初の滝・25℃(9:40)-最後の滝・海抜711m・25℃(10:30)-(11:15)滝群内で昼食(12:45)-白井沢登山口・28℃(13:44)=狭山・自宅・36℃(14:19)

壁画
▲名栗湖入口の河又付近の道路壁の壁画

羽黒草
ハグロソウ(羽黒草):葉が黒っぽい緑色をしているので江戸時代の「お歯黒」に似てるのが由来らしい。

ナガバハエドクソウ
ナガバハエドクソウ(長葉蝿毒草):根に毒成分を含み蝿取紙にしたのが由来らしい。

イワタバコ
イワタバコ(岩煙草):日陰で湿った谷川の岩場に育つ。煙草の葉に似ているのが由来らしい。

ウバユリ
ウバユリ(姥百合):花が満開になる頃、葉が枯れる事が多いので歯(葉)がない「姥」にたとえたのが由来らしい。

タマガワホトトギス
タマガワホトトギス:沢沿いの湿った林内に咲く。タマガワは京都の玉川らしい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamaoutodoor.blog.fc2.com/tb.php/241-2324a20e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ