かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

奥多摩から棒ノ峰に登る

6月に名栗湖の白谷沢から4回目の棒ノ峰の山行をした。本日は5ヶ月ぶりに念願の奥多摩、川井方面の奥茶屋から5回目の棒ノ峰を目指した。登山口から約30分ボンジリ沢のワサビ田の脇を通り沢の音を楽しんだ。その後、杉の植林地(春は花粉トンネル)の急坂を1時間歩き山頂に着く。杉林は広葉樹が無く紅葉とは無縁で寂しい。山頂は平日なのに十数人の老若男女の登山者で賑わっていた。

コース・タイム:=はマンテンバイク
狭山自宅(7:50)=青梅(9:14)=川井駅バス停・海抜297m(10:07)=奥茶屋登山口・海抜479m(10:47)- (12:05)棒ノ峰山頂 昼食 付近散策・969m(12:45)-奥茶屋・登山口(14:01)=狭山自宅(16:04)

ワサビ田
ワサビダ田:ワサビ栽培のため沢の冷たい水を引いている。

山モミジ
山モミジ:山頂に1本紅葉していた。山頂の少し下ではなぜか枝の一部たけ紅葉している木が多く、紅葉時期は早いの間も知れない

山頂の桜
▲頂上で一番目立つの木の紅葉は殆ど散っていた。前方中央は伊豆ヶ岳方面。

ホソエカエデ
ホソエカエデ(細柄楓):「紅葉ハンドブック」を持参して調べたので多少紅葉している木の名前がわかるようになった。

ウリハダカエデ
ウリハダカエデ(瓜膚楓):若木の幹が暗緑色でマクワウリの実の模様に似ているのが名前の由来らしい。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamaoutodoor.blog.fc2.com/tb.php/266-44783d47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ