かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

晩春のシオジの森を訪ねる

名栗付近は暑かったが名郷から谷川沿いは涼しい。本日はシオジの原生林を眺める事が出来るためワクワクする。しかし、南アのコメツガやシラビソの混みいった原生林と違う。シオジ自身が背丈が大きく先端に葉が茂っているので、首を上に曲げないと木々が茂っているのが見えない。前回と同じように多くのシオジの幹が見え、今回、森全体が暗くなて、下草が少なくなっている。しかし背丈の低いシデ等が茂ってい賑やかに見える。
ウノタワの窪地は緑に囲まれ別世界の様に美しい。カラマツ、ブナ、カエデ等がきれい生育し、周辺の苔も素晴らしい。今回ウノタワで多くの時間を過ごせて満足だった。ここでは色の着いた花が見られず残念だ。

コース・タイム=はクロスバイク 80km
狭山・自宅(8:08)=名郷・海抜371m(1045)=(11:54)登山口・海抜692m(11:58)-(13:12)ウノタワ・昼食 海抜1,080m(13:48)-(15:14)登山口(15:19)=狭山自宅(18:06)

オオバアサガラ
オオバアサガラ:横倉林道沿いで出会う。渓流沿いの湿った場所に生育する。

ウノタワへの谷にある滝
▲ウノタワへの谷の小滝:背景の緑が濃くなっている。のんびり眺めていても飽きない。

シオジの森
▲ウノタワへの谷のシオジの森:背丈の低いシデ類も育っている。

シオジの幼木
▲シオジの大木に沿って育っている幼木:左端の木。フジの様な羽状複葉で17枚の葉が付いている。

ウノタワへの谷沿いに咲くガクウツギ
▲ウノタワへの谷の苔岩地帯に咲くガクウツギ:奥に白く咲いている。

ウノタワのカラマツ
▲ウノタワのカラマツとイタヤカエデ:苔もきれいだ。

イタヤカエデ
イタヤカエデの果実:ウノタワで多く見かけた。秋が楽しみだ。

ウノタワのモミジ類
▲各種モミジ:ウノタワに多い。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamaoutodoor.blog.fc2.com/tb.php/325-9aff0242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ