かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

涼を求めて名栗 ウノタワへ登る

梅雨が抜けないのに暑い。本日は名栗の名郷から谷川沿いとウノタワへの谷を登り涼を求める。6月初旬にシオジの原生林を求めて来た。本日見ると谷沿いのシオジやシデの葉が生育し多少暗くなっている気がする。途中の苔岩地帯も苔の色が濃くなっている気がする。ウノタワ付近の雑木林にトチノキが多いのに気づく。ウノタワは広々としてい眺めていて気味とが良い。
ウノタワの谷からウノタワ簡易温度計で27℃で下山後名郷で34℃、約7℃の涼を楽しめた。盛夏では2000m以上に登らないと涼しくないが谷に入ると涼しい。また苔の美しさを楽しむ事が出来た。
次回は滝付近でイワタバコの花を期待したい。7月14日

コース・タイム=はクロスバイク 80km
狭山・自宅・30℃(7:55)=名郷・海抜371m・33℃(10:32)=(11:52)登山口・海抜692m・30℃(11:58)-(13:00)ウノタワ・昼食 海抜1,080m・27℃(13:45)-(14:50)登山口(14:53)=名郷・パンク修理(16:04)・狭山自宅(18:13)

林道の苔
▲林道沿いの珍しい苔

ウノタワへの谷の小滝
▲ウノタワへの谷川の滝:6月初旬より木々も苔の色も濃くなっている様だ

ウノタワへの谷の苔岩地帯
▲ウノタワへの谷の苔岩地帯:苔も成長している様だ

倒れた木の苔
▲倒木に生えているハネヒツジゴケと赤い胞子体:胞子体から胞子が出て繁殖するらしい。

ウノタワの平坦部
▲ウノタワのカラマツとモミジ類の広場:平日なので30分間独占し眺めた。

ウノタワの苔
▲ウノタワの広場に繁殖しているスギゴケ(?)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamaoutodoor.blog.fc2.com/tb.php/339-e1b07130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ