かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

初冬のウノタワの谷川沿のキャンプ泊

奥武蔵のお気に入り場所 ウノタワの紅葉を楽しむため、今まで簡易テント(ツェルト)であったが、防寒のため通常のテントを持参した。途中では紅葉適期の様だが、ウノタワに近づくと適期を過ぎてしまっていた。しかし、カエデの紅葉以外に雑木黄葉や落葉後の木々の幹の美しさを楽しめた。
専用キャンプ場でない所に単独で設営したので谷川のせせらぎや野鳥のさえずり以外聞こえず静かだ。夜間はいつもの航空機の爆音、鹿のピーという鳴き声と、今回は松林の下に張ったので落葉がテントに当たる音が聞こえた。早朝はキーキーという野鳥に起こされた。普段布団の中で寝るが、6℃のテント内で寝袋で寝るのは厳しい。幸い深夜に用を足しに起きて空をみると、満月と星の数の多さに慰められる。

コースタイム:=はクロスバイク、74km デジタル温度計持参
17日:狭山・自宅(8:30)=名郷16℃(11:20)=横倉林道入口(12:00)・昼食-ウノタワ入口(12:42)-キャンプ場(13:03) 就寝(17:00)
18日:起床(6:00)6.8℃:キャンプ場出発11.5℃(7:50)-ウノタワ(8:40)-横倉山・1,197m14℃(9:15)-大持山・1,294m6.8℃(9:42)-帰路-ウノタワ付近散策・8℃(10:53)-(11:35)キャンプ場・昼食(12:44)-横倉林道入口(13:30)=名郷(13:40)=狭山・自宅(15:56)

17日(木)
ウカエデ
▲紅葉中のカエデ:県道53号名栗付近

ウ右沢
▲右側の沢沿いのわずかに残ったカエデ:ウノタワ入口から15分程で左右に別れ左がウノタワ、右側は道なし

ウキャンプ場
▲キャンプ場でテント設営:飯盒でご飯を炊き、芳ばしいオコゲを食べた。オカズはインスタントで済ます。自転車の台の制限で我慢する。

ウチドリノキ
チドリノキの黄葉:キャンプ場前は上部のシオジの木は落葉しこの黄色が目立つ

18日(木)
ウ苔地帯
▲ウノタワ途中の苔地帯:右側にもチドリノキがある。登山道は落葉で見難い。ウリハダカエデの葉が目立った所があった。

ウノタワjpg
ウノタワの広場:今年も落葉を見ることになった。

ウダケカンバ
▲落葉したダケカンバの幹:大持山までの登山道にある。ここもお気に入りコーズだ。

ウ落葉ブナ
▲落葉したブナの幹:大持山までの登山道にある。新緑の頃も素晴らしい。ここもお気に入りコーズだ。

コナラウ
コナラの黄葉:通常落葉している。ウノタワ付近で見つける。

ウカラマツ
カラマツの黄葉:ウノタワ広場の後方に落葉していないカラマツを見つける。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamaoutodoor.blog.fc2.com/tb.php/484-bf13845e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ