かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

演習林でハンカチノキ

トレーニングを兼ね、前から興味があった東大の田無演習林に自転車で行った。公園とか植物園でなく演習林なので林業関係の学生の実験施設の様だ。西東京市の貴重な約9ヘクタールが森林とは驚きだ。今までに植物園と違い殆どの木に番号札が付いていて、時々センサーの様なものがついている。主だった木に名札が付いているで便利だ。あるエリアは世界の松のみ多数植えてある。実験の都合で通行止め部分が多く、迷路の様だ。
期待していた花木を探したが、散りかけたツツジが数本慰めてくれた。カメラを持っている見学者に聞いたら、この時期の見学者は鳥か昆虫の見学者だと言う。ガッカリしていたら「ハンカチノキ」を紹介してくれた。その木の下は人だかりになっていて人気があるようだ。近所の中高年者の散歩コースでもあるようだ。樹木を専門に研究する人には最適な場所と思う。
ハンカチノキの花は白く色づいた苞(ほう)と呼ばれる大きな葉っぱが2枚と花の本体からなり、花びらはない。花の本体は苞にくるまれるよう中心に付き、たくさんの雄花と1本の雌花が集まってピンポン球のように丸くなります(両生花)。白いハンカチのように見えるのは2枚の苞(葉の変形したもの)である。狭山市の智光山でも現在開花している。

ハンカチノキ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamaoutodoor.blog.fc2.com/tb.php/51-cb3511e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ