かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

城山カタクリの里の下見に行く。

今年度、狭山市植物友の会の班長をAさんと一緒にやることになった。4月5日、最初の行事の「城山カタクリの里」見学の下見に行った。過去に2015年3月2016年3月に個人的に見学している。
アドバイザーのSさんと3人で5日に乗る交通機関を利用し、順調に横浜線橋本駅に行き、トイレの所在と城山カタクリの里へのバス停の所在を調べる。
そして予定するバスにに乗り、城山カタクリの里に行く。天気予報でか午後3時頃から小雨との事で心配であった。11時前に入場口を入ったところで早くも小雨が降ってきた。
しかし、小高い丘に、紫のカタクリ、色とりどりのユキワリソウ、ショウジョウバカマ、大イワウチワ、キクザキイチゲ、シラネアオイ、アカヤシオツツジ、ヒカゲツツジ、オカメザクラ・・・・花園内で酔い、小雨に傘はいらないようだった。
しかし、12時の昼食時間になっても降っていたので、昼食は延期し12時半ごろ、入場口に戻り、この山の地主のい古い物置の休憩所が空いていてダルマストーブで暖をとり、少し遅くなった昼食を取った。
4月5日の本番日には紫カタクリは多少適期を過ぎるかも知れないが、黄カタクリや各種桃、遅い桜は満開に近くりなそうで楽しみだ。

DSCN6028.jpg
▲岩梨(イワナシ):実が梨に似ていて名が付いたらしい。

DSCN6045.jpg
▲黄色タカクリ:数百の蕾の付いた苗の内、1輪だけ咲いていた。

DSCN6050.jpg
▲白色カタクリ:余りに多くの紫カタクリがあると雑草に感じ、白はすがすがしい。

DSCN6056.jpg
▲オオキバスミレ:山岳地帯が生息地と聞いていたので、感激した。

DSCN6061.jpg
▲ダルマストーブとは懐かしい。小中学校時代、石炭を焚いて暖を取っていた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamaoutodoor.blog.fc2.com/tb.php/520-ec145a83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ