かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

富士山麓の山歩

5月の連休に関係無い生活を過ごしている。妻孝行のため、S信金の宿泊施設ユニティー・イン山中湖に泊まり、富士山麓の山を歩いた。平日の格安宿泊料と高速道路を使わない年金生活者の楽しみ山歩きパターンにしたい。狭山より1月程遅れ、4月中旬の山を楽しめた。今倉山の植物の名前の調査に戸惑ったが、KSさんの協力で判明し感謝する。


コース・タイム:=乗用車
〇19日(金)寺下二十六夜山(971m)
狭山自宅(8:25)=上野原市(10:25)=(11:15)寺下二十六夜山登山口(11:30)-(13:00)寺下二十六夜山・昼食(13:19)-登山口(14:30)=山中湖宿泊施設(15:30)
〇20日(土)今倉山(1470m)
宿泊施設(7:45)=道志の道=(9:00)道坂トンネル登山口(9:10)-今倉山(10:41)-松山(赤岩)展望台(11:40)-今倉山(12:30)—道坂トンネル登山口(13:40)=上野原(15:20)=狭山自宅(17:45)

寺下 二十六夜山(971m)

富士山麓に二十六夜山が2座ある。寺下と都留にある。今回寺山二十六夜山に登る。昔、住民が7月26日に山頂に登り祈願したようで、特に特徴のある山ではない。名前に特徴があり登ってみた。
登山口付近にはコクサギが目立ち、山頂付近はクロモジが良く目についた。
DSCN6949.jpg
▲沢沿いの道でフタリシズカに出会う。

DSCN6955.jpg
▲今回の山歩で唯一の色のついた花、ヤマツツジ

DSCN6966.jpg
▲頂上付近の樹林帯から見えた寺下二十六夜山

DSCN6961.jpg
▲山頂付近の樹林帯に咲いていた白い花の木。調査中

DSCN6956.jpg
▲頂上直下の二十六夜塔

今倉山(1470m)

手軽に登れ、富士山の展望コースらしく人気があり登山口の駐車場が混んでいた。時季外れのエーザンスミレが多く有名らしい。ここでもクロモジの木が目立った。

DSCN6978.jpg
▲宿泊施設より見えた富士山:登山道の雪が溶け、肉眼で見えた。

DSCN6995.jpg
▲山頂付近のブナの芽吹き:気持ちが良い

DSCN7017.jpg
▲松山(赤岩)展望台より見えた手前、三つ峠、中央は北岳

DSCN6998.jpg
▲今倉山から松山までアップダウンが多く苦しかったが珍しい花に会えた。ワチガイソウでしばらくの間見られた。

DSCN6986.jpg
▲今倉山から松山までアップダウンが多く苦しかったが珍しい花に会えた。ツルキンバイでしばらくの間見られた。

DSCN7009.jpg
▲今倉山から松山までアップダウンが多く苦しかったが珍しい花に会えた。ルイヨウボタン(類葉牡丹)で木漏れ日の場所で1株見た。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamaoutodoor.blog.fc2.com/tb.php/544-ca4ff021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ