かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

ツツジを見に西上州へ

10年位前に所属していた山の会でGWに西上州のアカヤシオツツジの開花期、花のトンネルに感激し、今年妻と行く予定にしていた。直前に今年は開花が早まった情報や4月中旬の降雪で開花前の蕾が被害を受けたという情報を聞いた。今回アカヤシオでは無名な山に登って運よく花のトンネルの出会いを期待した。物語山、桧沢岳、四ツ又山を紹介する。山ごとに写真を掲載する。

物語山(1019m) (5月2日)
戦国時代の悲劇の物語の舞台の山なので物語山と付いているらしい。下仁田ICから登山口に行き、駐車場のキノコさん(写真下1)に車の留守番をお願いし丹沢という林道を進む。沢の音は良いが、山吹とムラサキケマンの花きり無く寂しい。
登山口に入ると雑木林には山桜とミヤマキケマンが咲いていた。山頂は西峰と南峰に分かれている。最初西峰に登ったら、アカヤシオツツジの咲き残り数輪を発見し南峰をバックに撮影(写真下2)。更に探索すると10箇所以上少し咲き残っていた。裏妙義をバックに撮影(写真下3)。南峰にはやはり数十か所の花が残っていた。日当たりの悪い所が多い。三つ葉ツツジも開花しきれいであった。来年以降、アカヤシオツツジでは比較的無名の山なので開花最盛期でも静かに鑑賞出来ると思う。
南牧村の月形園という民宿に宿泊する。料理・サービス共良かった。

コースデータ
サンスポーツランド駐車場(9:45)-登山口(10:36)-西・南峰分岐(11:25)-西峰から分岐(11:55)-南峰(12:25)-南峰から分岐(12:40)-登山口(13:15)-駐車場(14:10)

キノコの留守番

物語山南峰

裏妙義とアカヤシオ

桧沢岳(1133m) 5月3日
登山口に行く前に民家の庭先で色々な八重桜等の花木が咲き競っているのを見た。中でも紅白の花桃には感激した(写真下1)。
桧沢岳も山頂近くの日陰部分に咲き残りを多数見つける。ここでも三つ葉ツツジの開花が目を楽しませてくれた。このコースはなぜかアセビが多いのに驚く。ここも山頂は西峰と本峰に分かれる。西峰は360度の眺望が得られ新緑なので数倍感激する。西峰にも比較的日影部分に咲き残りが多い(写真下2)。西峰から本峰に目を向けるとここも多くの咲き残り花が目につく(写真下3)。遠方にも多く咲いている。
本峰にある社の後ろから南方向に下山したがこのコースでも随所に咲き残り花が見られた。御座山方面をバックに撮影(写真下4)
花のトンネルには程遠いいが、ここもアカヤシオでは比較的無名なので最盛期でもゆっくり鑑賞出来そうだ。
妻はアカヤシオツツジより新鮮な三つ葉ツツジに感激していた。山頂のロープの張ってある岩場で背が低いため足の置き場に苦労した様だ。

コースデータ
大森橋駐車場(8:05)-西峰(9:20)-本峰(9:50)-大森橋への林道(11:15)-大森橋(11:41)

桧沢岳花桃

アカヤシオ桧沢西峰の

桧沢岳のアカヤシオ

御座山方面アカヤシオ

四ツ又山(899m) 5月3日
昨年秋、鹿岳(カナダケ)に登り、山頂から四ツ又山を見て是非登りたいと思っていた。ここもアカヤシオツツジでは無名に近い山である。最後に期待をかけ登る。
途中、天狗峠付近で若い天狗のユーモラスな石像を見つける(写真下1)。山ツツジ、三つ葉ツツジは程ほどに開花していてきれいだった。四ツ又山は四つの岩で出来た山頂があり、そこにユニークな石像があるが皆難しい顔をしていて、若い天狗像の様な石像は無い。本命の四か所の頂上ともアカヤシオツツジは見つからず、一つの山頂で乾燥した花びらの付いている木を見つけた。この山域はアカヤシオツツジが咲いても小規模で花のトンネルは無理なようだ。一つの山頂に三つ葉ツツジが咲いていたので撮影(写真下2)。この付近から見た鹿岳の写真を撮影。バックは浅間山です。(写真下3)。
妻は、午前の桧沢岳の山行で疲れたらしく、駐車場でお昼寝留守番をしていた。

コースデータ
大久保駐車場(12:26)-天狗峠(13:09)-(13:32)四ツの山頂(13:46)-天狗峠(13:57)-大久保駐車場(14:31)

四ツ又山天狗

四ツ又山山頂

鹿岳






スポンサーサイト

コメント

四つ叉山は鹿岳と、桧沢岳は小沢山を組み合わせて登りましたよ。
物語山も登ったことあるのですが全どんな山だったか記憶にありません。

  • 2013/05/06(月) 20:00:51 |
  • URL |
  • おっちょん #0ymocZss
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

今回、妻の足では両方の山を一緒に登る事は難しいので分けました。
またアカヤシオツツジの見学も兼ねました。

物語山は名前の由来に特徴があり、他の西上州の山に近いと
思います。途中、林道からメルベ岩があり殿様が自害した
とありますが登山の対象になっていません。

  • 2013/05/07(火) 18:31:44 |
  • URL |
  • かまちゃん #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamaoutodoor.blog.fc2.com/tb.php/58-ab475ea8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ