FC2ブログ

かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

北海道(蝦夷地)の植物観察

普段の生活から脱して7月10-14日まで北海道に飛んだ。30余年来の飛行機利用、オートマレンタカーの運転、カーナビの利用、在道の旧友の対話、妻との対話、刺激満載の4日間であった。

10日
DSCN1756.jpg
▲道の駅「フォレスト276」の恐竜の歓迎を受ける:町を抜けると原野・耕地だけなので、道の駅は貴重だ。

DSCN1759.jpg
▲巨大なフキの歓迎を受ける:支笏湖に付く前に街道両側のフキに驚く。

DSCN1724.jpg
オオイタドリの歓迎を受ける:支笏湖に付く前に街道両側のオオイタドリに驚く。ここは支笏湖前だがずっと続く。

DSCN1881.jpg
ニセコ駅:ニセコに宿をとり、3泊4日で周辺を走る。この付近で夕食を取るが、道産料理の店は皆無だ。

11日
樽前山(1024m)
DSCN1754.jpg
白樺並木:登山口までの林道。雷の音か思ったら、付近の自衛隊の大砲の試射との事。山中湖付近の様だ。

DSCN1743.jpg
タルマエソウ(イワブーロ):登山道沿いに有り、青いタルマエソウ街道だ。

DSCN1745.jpg
シラタマノキ:これも多かった。

DSCN1738.jpg
モウセンゴケ:湿原に多いがここにも多い。

DSCN1733.jpg
ミネヤナギ:車道にも多く、綿毛が舞っていた。

DSCN1747.jpg
▲樽前山より見た太平洋岸:

DSCN1749.jpg
▲樽前山山頂付近から見た、羊蹄山と支笏湖:

DSCN1753.jpg
▲樽前山山頂付近から見た、支笏湖:湖面の青色に感激する。

DSCN1758.jpg
▲羊蹄山(1,898m)と左の尻別岳:神仙沼に移動中に撮影。積雪期のため道路の端を示す矢印が下がっている。写真の左右中央より多少右、天地は中央より多少下。

神仙沼(750m)
DSCN1771.jpg
マイズルソウ:沼に行く手前の木道。

DSCN1775.jpg
トドマツとダケカンバ:沼に行く手前の木道。

DSCN1780.jpg
エドセンテイカ(エドカンゾウ):沼の前の湿原。

DSCN1782.jpg
ヒオウギアヤマ:沼の前の湿原。

DSCN1789.jpg
ワタスゲ:沼の前の湿原。

DSCN1798.jpg
ミツガシワ:沼の前の湿原。

DSCN1784.jpg
▲お待たせした、神仙沼:神秘的な表情から、神々や仙人が住むようだとこの名前が付けられた。

12日
〇小樽周辺
DSCN1838.jpg
▲小樽海岸自然探勝路への入り口「水族館」:駐車場にはかわいい送迎バスが待機中。

DSCN1820.jpg
▲小樽海岸自然探勝路には殆ど花は咲いていない。山中海岸の様子。

DSCN1825.jpg
▲小樽海岸自然探勝路周辺は断崖が多い。沖に遊覧船が営業中か?

DSCN1869.jpg
▲小樽運河:小樽観光のシンボル。

DSCN1871.jpg
▲手作りガラスの店:小樽運河の近く。

DSCN1866.jpg
▲色内1丁目交差点近くの珍しい建物。

13日
DSCN1885.jpg
▲千歳空港の上空:JAL機の窓から撮影。我が家は自衛隊入間基地の近くだが、毎日輸送機の訓練飛行をしている様子を下から見ている。上からの眺めのgood。

DSCN1895.jpg
▲JAL機の振動が激しかった時の下方風景。積乱雲が発達し上昇気流が激しく上昇したためと思う。

DSCN1913.jpg
▲羽田上空周辺:千葉方面の工業地帯上空。誤って航空機がここに墜落したら恐ろしい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamaoutodoor.blog.fc2.com/tb.php/695-97caf459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ