かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

奥武蔵 グリーンラインを走る

昨年から、ときがわ町方面を走るようにしている。本日は、ときがわ町へ行く途中の越生町を走ってみた。
ちょうど2月下旬から越生梅林祭をやっていたのでそれを見学し、奥武蔵グリーンラインに登り、顔振峠で昼食をとり、帰路についた。
風も弱く、暖かく絶好のサイクリング日和で、梅も満開、素晴らしい香りの中を走れ、快い汗もかけ、満足度が特大だった。

コースタイム:=クロスバイク  69km
狭山・自宅(8:15)=越生駅(9:45)=(10:10)越生梅林会場(10:20)=黒山三滝分岐(11:00)=(12:20)顔振峠・昼食(12:45)=東吾野駅(13:12)=狭山・自宅(14:34)

越生梅林2
▲会場の展望台より見た梅林1:ほぼ満開だ

越生梅林3
▲会場の展望台より見た梅林2:ほぼ満開だ

越生梅林1
▲会場に咲いていたサンシュウ:右上の黄色い花

越生梅林4
▲個人の梅園の梅は白一色だ。ピンクのしだれ梅がよく目立つ。

顔振峠
▲顔振峠(海抜500m):付近の茶店では年配の登山者が大勢で昼食を取っていた。

伊豆ヶ岳方面
▲顔振峠から伊豆ヶ岳方面の眺望。付近の梅も咲き始めている。

名栗湖まで走ってみる

1月18日の降雪以来、名栗方面へは走っていない。本日、寒さがゆるみ風も弱いみたいなので名栗湖まで走ってみた。
気温は3.5~11℃と朝方は厳しかった。久しぶりに汗をかいた。

山王峠
▲山王峠付近の残雪

名栗湖
▲名栗湖畔から見た有間峠方面の雪景色

紅梅
▲名栗湖へ向かう沿道の紅梅

遅れた子ノ権現への初詣

暮れから体調を崩し、毎年行っている子ノ権現の初詣は、川越八幡様で足腰守護の祈願を済ませた。
本日ほぼ体調は回復し、風も弱く気温が上がるらしいので、遅ればせながら子ノ権現に足腰守護の祈願をしてきた。
しかし、県道350号を使うと最後の所が激坂なので、年寄り向けの青梅秩父線の森河原から県道395号を通り、天目指(あまめさし)峠から、登山道を登り、子ノ権現に行った。2年前の秋、ここを登ったが、新しい発見が出来た。

コースタイム:=クロスバイク、69km
狭山自宅・気温5℃(8:30)=森河原交差点海抜249m10.1℃(10:48)=天目指峠486m・7.9℃(11:36)-(12:20)子ノ権現・昼食619m23℃(12:55)-天目指峠(13:43)=森河原交差点(13:52)=狭山自宅(15:55)

フユイチゴ
▲山王峠付近のフユイチゴの実:側道に5m位この実がなっていた。枯葉が続く中、赤色が目立ってきれいだった。

天目指峠
▲天目指(あまめさし)峠:ここに自転車を置き登山道を登った。新発見。ここに先に着いていたサイクリストのお姉さんも自転車を置き、登山の格好をして先に登り始めていた。仲間を見つけられ良かった。

伊豆が岳方面
▲子ノ権現付近から見た伊豆ヶ岳、古御岳山、高畑山方面の眺望:天目指(あまめさし)峠から子ノ権現まで4回小ピークを越える。植林地帯と雑木林が半分ずつ位なので春、秋は楽しい。

閻魔堂
▲子ノ権現の本堂で足腰守護の祈願をした。念のためお守りも購入して来た。その裏に閻魔堂があったので祈願した。私の旅立つ先でお世話になると思うためゴマスリをして来た。

福寿草
▲一重のフクジュソウ:子ノ権現境内の日当たりのよい所に咲いていた。

手形
▲子ノ権現境内近くにあった大きな仏像の印相:次回住職にご利益を聞いてみたい。

ロウバイ
▲帰路、道沿いに50本位、ローバイが満開に咲いていて、甘い春の匂いを満喫できた。

ときがわ町のみかん山に行く

朝は多少寒いが風が弱く穏やかそうなので、今が旬のときがわ町の大附みかん山に行く。
10軒のみかん園が入園料500円で食放題の様だ。平日なので高齢者の団体や近所の幼稚園児が目についた。100円で袋に詰め放題のみかんを買って食べ、美味しかった。
帰路同級生のS邸を訪問したらクリスマス用の電飾が沢山張りめぐらされ、夜は素晴らしい光景になっていると思う。

コース・タイム:
狭山・自宅5℃(8:08)=瀬戸(みかん山入口)14℃、海抜127m(10:03)=みかん山、15℃、海抜261m=宿交差点(11:14)=S邸訪問(11:20)=(11:30)トキガワベース・昼食(11:55)=狭山自宅(14:18)

カタバミ
▲ムラサキカタバミ:春と秋に咲く様だ。付近にはアザミの花きり無かったので新鮮に感じた。

大附みかん山休憩所
▲大附みかん山の休憩所:面白いデザインの建物だ。

みかん山
▲車道の面しているみかん畑。眺望の良い場所に行くとスカイツリーが見えた。

10月桜
▲冬桜:帰路ゴルフ場付近の民家に咲いていた。

ときがわベース
▲トキガワベースの内部:ときがわ町の道路はサイクリストに人気があり、町も歓迎している。ここはサイクリストの休憩所で飲み物、食べ物が無人で置かれ、利用者は商品を買ったら備え付けの料金箱にお金を入れる。いろいろな自動販売機もあり、パンク修理道具やチューブも自動販売機で買える。

秩父高原牧場方面を走る

晩秋の東秩父村方面から秩父高原牧場方面を走る。笠山・堂平山、両神山方面の眺望を楽しめた。初めての道が多く、多くの人に道を聞き、助けてもらった。新しい場所を走る緊張と満足感が得られた。

コースタイム=はクロスバイク、137km
17日(火)
狭山自宅(7:43)=ときがわ町田中交差点(9:35)=白石峠・海抜751m(11:45)=(12:06)定峰峠・昼食(12:35)=白石車庫バス停(12:35)=橋場・273m(13:16)=秩父高原牧場・565m(14:27)=二本木峠(14:43)=釜伏峠入口(15:05)=皆野町の民宿(15:46)
18日(水)
皆野町民宿(7:31)=秩父羊山公園交差点(8:28)=(9:00)芦ヶ久保道の駅(9:15)=山伏峠(10:18)=狭山自宅(12:50)

17日(火)
白石峠への道
▲白石峠に向う県道172号沿の民家のユズと柿。ユズは特産品の様だ

ヤマコウバシjpg
▲ヤマコウバシ:落葉しないで春まで付いているので目立つ。

定峰峠
▲定峰峠の茶店:この付近は桜の木が多く、春が楽しみだ。

定峰峠見晴らし台
▲左の笠山、右の堂平山の眺望:定峰峠を少し下った見晴らし台より。

東秩父風景
▲東秩父村の風景:最初なので新鮮だ。

牧場
▲秩父高原牧場に手作り体験教室(アイスクリーム・バター・チーズ作り)の建物:付近は季節外れと、平日で静かだった。家畜の姿も見えなかった。

二本木峠
▲二本木峠:この付近は春はツツジ・ポピーで有名らしい。

両神山方面
▲牧場を通る三沢坂本線から見た両神山方面。皆野町が見える。

18日(水)
皆野町
▲皆野町から秩父に行く道路沿いの雑木紅葉。朝、霧が発生していて視界が良くなかった。

唐松の黄葉
▲青梅秩父線沿の雑木林のカラマツの黄葉。

伊豆が岳付近の紅葉
▲青梅秩父線沿の雑木林の黄葉。

ハゼ
▲青梅秩父線沿のハゼの紅葉。

FC2Ad

まとめ