かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

真夏の稲荷山公園の観察

稲荷山公園は春お花見で有名なので、夏に公園に中まで入ることはなかった。本日、狭山市植物友の会で訪問しいろいろな植物を見る事が出来た。コバビボウシが多くの所で群生しているのには驚く。

DSCN7876.jpg
ビロードモウズイカ:併設の狭山市立博物館の庭園にあった。

DSCN7879.jpg
▲園芸種らしいが名前は不明:併設の狭山市立博物館の庭園にあった。

DSCN7880.jpg
▲狭山市立博物館庭園にあったモニュメント:

DSCN7883.jpg
フウセントウワタ(風船唐綿):左上が花、右下が果実。

DSCN7885.jpg
ヌスビトハギ:秋になりと実が衣類に着き困る。くっつき易い実を「どろぼう」という方言がある。名前のヌスビトはこのためらしい。

DSCN7886.jpg
メリケンカルガヤ:秋に穂が赤くなり遅くまで残る。


真夏の薬用植物園見学

今日は曇りで多少涼しかったので、東大和の薬用植物園を訪問した。薬に関係ないが珍しい花に名札がついているのがうれしい。8月13日。

DSCN7823.jpg
オクナ・キルキー(ミッキーマウスノキ):温室の外で展示。

DSCN7828.jpg
サルビア・コッキネア(サクラプルユ):

DSCN7848.jpg
アズキ:利尿、消炎、解毒、排膿作用がある様だ。隣の家庭菜園のもあるが、花を見るのは初めてだ。

DSCN7853.jpg
ギンセンカ:開花してすぐにしぼむことから、朝露草ともいう。

DSCN7855.jpg
キバナツノゴマ:果実を工芸品にするらしい。

DSCN7862.jpg
ハナイカダ:葉の上に実が付いている。

DSCN7865.jpg
ベニバナサワギキョウ

智光山公園で夏季の観察会を行う

本日、狭山市植物友の会で夏季の植物観察を行う。朝まで降っていた雨もやみ、曇り空でベストな観察日であった。新人のYさん、I さん、Kさんが加わり18名参加で盛況だった。

DSCN7661.jpg
コバノギボウシ:菖蒲園に飢えてあり、栄養満点のため立派な花が咲いている。

DSCN7663.jpg
ソクズ:瓢箪池付近で見つける。

DSCN7665.jpg
タカサブロウ

DSCN7666.jpg
アゼムシロ(別名ミゾカクシ(溝隠し):一方向の花弁がなく変わった形の花。

DSCN7668.jpg
白式部:紫式部の白色版

DSCN7812.jpg
キツネノカミソリ:8月7日

DSCN7900.jpg
ヒオウギ:薬草園。消炎、咳止め、のどの炎症に効果。8月28日

DSCN7902.jpg
ナンバンギセル:8月28日

DSCN7903.jpg
シオン:薬草園。咳痰に効果。9月4日

DSCN7906.jpg
ヒガンバナ:9月4日





彩の森入間公園の観察

梅雨明け日で朝から暑い日だ。彩の森入間公園を観察した。稲荷山公園駅から彩の森入間公園までの道路沿いにもいろいろな植物があり楽しませてくれた。花は少なく秋に向けて実が成長する時期の様だ。

DSCN7555.jpg
アオツズラフジの実:秋に濃い紫色の実になる。

DSCN7558.jpg
センダンの実:通常非常に高いところに実を付けるが、今回は目の前で見られた。

DSCN7559.jpg
カヤの実:

DSCN7566.jpg
コケオトギリ(苔弟切):公園の池付近で見つける。

DSCN7569.jpg
キバナノマツバニンジン:公園の池付近で見つける。

DSCN7571.jpg
アメリカサイカチの実:公園内で見る。

DSCN7572.jpg
アメリカガシワの実:公園内で見る。秋の紅葉が楽しみだ。

夏の智光山公園

梅雨の終了宣言がないが暑い日が続く。夏の花を見る事が出来た。

DSCN7543.jpg
ヤマユリ:適期の見られた。7月17日

DSCN7550.jpg
ハエドクソウ:7月17日

DSCN7573.jpg
タンジー:薬草園のハーブ。7月24日

DSCN7577.jpg
エンジュの実:教材園。7月24日

DSCN7579.jpg
ベンガルヤハズカズラ:都市緑化センター事務所のグリーンカーテン用。7月24日

DSCN7581.jpg
ミゾハギ:7月24日

DSCN7652.jpg
▲フジフサウチギ(藤房空木):7月31日

FC2Ad

まとめ