かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

★都立小峰公園の第一回観察

狭山市植物友の会の次回観察地を増やすため、1回目に12月9日に横沢入里山保全地を観察した。
2回目は同じ五日市周辺の「都立小峰公園」を観察した。
付近の小中学校向けの観察地の様で、道標や看板がやさしく解説されている。この時期、多くの植物が枯れているので我々の観察地に適しているか判断できない。12月19日

コース・タイム =マンテンバイク:58km
狭山自宅(9:05)=五日市駅(10:59)=(11:35)小峰公園観察・昼食(13:15)=五日市駅(13:15)=狭山自宅(15:18) 12月19日

DSCN9012.jpg
▲小峰ビジターセンター:

DSCN9035.jpg
▲小峰ビジターセンターの玄関のムシロ:昔農家で使った雑穀を干すのに使ったワラのシート。右端は足ふきマット。

DSCN9032.jpg
▲公園の略図:左上が336m。

DSCN9015.jpg
▲中央の谷戸:シーズンには近所の親子で稲作が行われる。周辺は山野草の適地の様だ。

DSCN9017.jpg
クラマゴケか:里山尾根に行く前の雑木林で見つける。200-300m付近はヒノキの植林地帯が多い。

DSCN9019.jpg
ヤブコウジ

DSCN9020.jpg
▲里山尾根に登る階段。一気に227段。年寄りは登るだけで付近の植物観察は難しいと思う。

DSCN9026.jpg
▲桜尾根の展望台:中央後方が日の出山、中央前方が金毘羅山。手前が五日市駅付近の住宅街。

DSCN9029.jpg
ジャコケか:桜辻付近で見る。

★横沢入里山保全地の第1回見学

狭山市植物友の会の次回観察地を増やすため大先輩のSさんに相談し、複数の候補を上げてもらった。候補地の調査のため自転車で行ける場所にしてもらった。
一つ目の候補地の横沢入里山保全地を見学した。一番の推薦理由として、静かな場所でした。不運にも当日、JR主催の五日市からのハイキングコースにここが載っていて当日、50人程のハイカーが歩いていた。
正午頃から退散し、少数のマニアと整備ボランティアになりホッとした。場所は五日市駅から徒歩20分位で一部田んぼによみがえっている湿地で7か所の谷戸(丘陵地から浸食された谷状の地形)からの水が流れ込んでいて、早春から多くの植物に会えそうだ。12月9日

コース・タイム:=クロスバイク55km
狭山自宅(9:05)=青梅調布橋(10:10)=五日市駅(11:00)=(11:35)横沢入里山保全地・昼食(13:15)=五日市駅(13:15)=調布橋(14:00)=狭山自宅(15:26)

DSCN8949.jpg
▲雪おんな縁の地の碑:いつも休憩地として使っている場所に、小泉八雲の怪談に碑があったことに驚く。

DSCN8953.jpg
▲大悲願寺:途中にある大きなお寺で白萩で有名らしい。

DSCN8999.jpg
▲管理棟に横から見た全景:

DSCN8960.jpg
▲イラスト地図:

DSCN8957.jpg
▲草堂の入という谷戸の入り口:

DSCN8964.jpg
▲富田ノ入という谷戸の入り口:枯草の中、手前のナガマギシギシが目立つ。田んぼが再生されてい、収穫は終わっている。

DSCN8976.jpg
▲荒田ノ入という谷戸の入り口:

DSCN8977.jpg
▲林道横沢・小机線の入り口付近:

DSCN8986.jpg
▲横沢入の奥から見た入口方向:

DSCN8988.jpg
▲富田東沢という谷戸の入口付近:ガマのワタが多く見られる:

DSCN8994.jpg
▲富田東沢という谷戸の入口付近:渇水期のためのため池:

DSCN8997.jpg
▲下の川という谷戸の入り口付近:

DSCN8998.jpg
マユミの果実:付近の雑木林に多い。

平林寺の紅葉を見に行く。

毎年秋に、自転車で紅葉を見に平林寺に行くようにしている。今年は妻とバスで行き、「竹山」で昼食をとり、のんびり見学してきた。適期は先週だったらしく、落葉したカエデ類が目立つ。その代わり入場者が少なく静かであった。

DSCN8922.jpg
▲総門右側にありがたい言葉が書かれている。

DSCN8947.jpg
▲山門:今年は付近のカエデ類が落葉していて、寂しい。

DSCN8927.jpg
▲もみじ山のカエデ類1

DSCN8935.jpg
▲もみじ山のカエデ類2

DSCN8946.jpg
▲もみじ山のカエデ類3

DSCN8938.jpg
▲野火止塚:野火を見張るための小高い土盛。

山王塚の森に立ち寄る。

買い物のついでに、春よく来た山王塚の森に立ち寄り紅葉・黄葉を楽しむ。コナラ・アオハダの適期で素晴らしい雰囲気だった。11月24日。

DSCN8812.jpg
カマツカの紅葉:

DSCN8816.jpg
ヤマコウバシの黄葉:早春まで落葉せず目立つ。

DSCN8822.jpg
ムラサキシキブの黄葉:中央に紫色の実がある。

トウカエデの森を見に狭山公園・多摩湖自転車道に行く

狭山公園内のトウカエデの森は数十本のトウカエデがある。今まで適期に行けななったので、トレーニングを兼ね小まめに訪問する。普通の形のモミジ・カエデは正確な名前が判らないに省略する。トウカエデは11月24日では早い。11月28日に行ってもトウカエデの林は一部紅葉状態だった。当日、付近の青年の森、野鳥の森、南の森を歩いて紅葉・黄葉に感激した。

DSCN8838.jpg
トウカエデの森:左上の一部が紅葉している。11月28日。

DSCN8836.jpg
トウカエデの紅葉:上の写真の紅葉部分をアップする。11月28日。

DSCN8825.jpg
ニシキギ:多摩自転車道沿道にて。11月28日。

DSCN8826.jpg
▲名称調査中:多摩自転車道沿道にて。11月28日。

DSCN8830.jpg
▲狭山公園、青年の森の紅葉・黄葉:今まで足を入れてなかったが歩いてみてコナラ・アオハダ・カエデ類に感激。11月28日。

DSCN8833.jpg
▲狭山公園、宅部池と背後の野鳥の森の紅葉・黄葉。11月28日。

DSCN8839.jpg
ネジキ:狭山公園野鳥の森にて、沢山のネジキがあるので、来年は鮮やかの紅葉を見たい。11月28日。

DSCN8779.jpg
ミズキ:カタクリの湯への道沿にて。11月24日。

DSCN8795.jpg
ウリハダカエデ:カタクリの湯への道沿にて。11月24日。

DSCN8804.jpg
ムシカリ(虫狩り):多摩湖自転車道にて。11月24日。

DSCN8759.jpg
トチノキの黄葉:狭山公園のトチノキの森にて。11月22日。

DSCN8761.jpg
ヤマボウシの紅葉:狭山公園にて。11月22日。

FC2Ad

まとめ