かまちゃんのアウトドア日記

サラリーマン生活を卒業し、アウトドア活動を満喫しています。活動日記を作りました。

埼玉県北本市の北本自然観察公園を見学:

ここは水野の森里山の会のYさんが訪問する予定の公園だ。サイクリングでさいたま武蔵丘陵森林公園自転車道の桜つつみ公園の近くなのでトレーニングを兼ね見学した。しばらく走っていないのでいろいろな変化が目についた。
北本自然観察公園は雑木林(里山の森)、草原、湿地・池があり32.9haの広さで自然環境を楽しめる。学習センターで情報提供や小中学生の教育を行っている。
この時期は特にここできり見られないものはない様だ。

コースタイム:=クロスバイク、79km
狭山自宅(8:27)=ホンダエァポート(10:13)=桜つつみ公園入口(10:41)=(11:15)北本自然観察公園・散策昼食(12:30)=桜つつみ公園入口(12:45)=ホンダエァポート(13:13)=狭山自宅(15:24)

DSCN0783.jpg
クサフジ:2年前位は関越道と狭山川越サイクリングロードの交差した場所付近に少し咲いていたが、現在は数キロにわたり咲いている。沿道に部分的に咲いている所もある。

DSCN0785.jpg
▲一方通行橋:入間大橋の上流にある橋で詳細な地図でないと載っていない。車が交差できないので一方通行になる。狭山川越サイクリングロードからさいたま武蔵丘陵森林公園自転車道に行くとき近道になり便利だ。

DSCN0788.jpg
▲ホンダエァポートのヘリコプター:埼玉県の防災航空隊が使っている。

DSCN0793.jpg
▲釣り堀:圏央道とさいたま武蔵丘陵森林公園自転車道の交差する場所付近で田んぼの中でのどかだ。

DSCN0794.jpg
▲小麦畑:さいたま武蔵丘陵森林公園自転車道の荒川寄りの河川敷:大規模農法と思う。部分的に雑草が小麦の背より高い。

DSCN0797.jpg
▲水田:さいたま武蔵丘陵森林公園自転車道の河川敷と反対側に広がっている。田植え部分は少ない。

DSCN0802.jpg
▲学習センター:

DSCN0803.jpg
▲池にかかる八ッ橋:ヨシが繁殖している。

DSCN0805.jpg
▲カメの親子か?:池に住んでいる様だ。

DSCN0808.jpg
▲池に来る小鳥の撮影隊:裕福なおばさん達。

DSCN0809.jpg
▲綿毛がついたヤナギの種:風に乗って飛んでいる様子を柳絮(りゅうじょう)といい、見られた。

DSCN0815.jpg
▲池沿いの通路に綿毛のような柳の種が溜まっている。右端。

DSCN0816.jpg
ハナイカダ

DSCN0822.jpg
エドヒガンザクラ:北本市指定記念樹だそうだ。

5月中旬の野川公園を見学

狭山市植物友の会で久しぶりに野川公園を見学した。今年は桜の開花が早かったの同じようにここでも期待していた花が終わっていた植物もあった。最近雨で中止に多かったが、5月16日は晴れ、夏日のような暑さだった。

DSCN0738.jpg
ヤセウツボ:クローバーに寄生していた。

DSCN0741.jpg
ムジクサ

DSCN0748.jpg
ハンショウズル(半鐘蔓):以後、自然観察園にて

DSCN0762.jpg
ウマノアシガタ:黄色に金属光沢がある。全草に毒がある。

DSCN0769.jpg
キヌタソウ(砧草):夏に小さな白い花が咲く。

DSCN0772.jpg
クリンソウ:咲き終わっているものが多い。

DSCN0774.jpg
チョウジソウ

5月の智光山公園の様子

春本番の智光山は、毎週新しい顔を見せてくれます。

IMG_20180430_092803.jpg
▲武者絵のぼり:柏原で道路沿いより見る。最近珍しい。

IMG_20180506_094615.jpg
▲こいのぼり:藤沢で見る。このような大きな物は少ない。多少風がなく残念だ。

DSCN0686.jpg
コモンセージ:5月7日

DSCN0688.jpg
チャイブ:5月7日

DSCN0698.jpg
ユリノキ:5月7日。この角度から撮れるところは少ない。

DSCN0701.jpg
バラ園:5月7日

DSCN0702.jpg
ムサシノキスゲ:5月7日

DSCN0703.jpg
ノアザミ:5月7日

DSCN0719.jpg
サルナシ:薬草園で開花。5月14日

DSCN0851.jpg
キソケイ:5月21日。

DSCN0853.jpg
サイハイラン:今までの物より赤が多くきれいだ。5月21日。

植物友の会の有志で大宮の盆栽展を見学

過去2年間、盆栽の先生M氏のすすめで、個人で盆栽展を見学した。今年は盆栽に興味のあるA氏とSさんの3人で見学する。混んでいるので昼食の集合場所と帰りの集合場所を決め、個人行動をし、後で電車の中で体験談を話した。A氏は盆栽美術館や著名な盆栽園をのぞき、素晴らしい作品に感動した様だ。私とSさんは出店している盆栽の安い素材を探し、購入した。

DSCN0680.jpg
▲購入した盆栽の素材:右からコツクバネウツギ、カマツカ、スノキで大切に育てたい。

DSCN0663.jpg
▲商品を撮影1:

DSCN0668.jpg
▲商品を撮影2:

DSCN0670.jpg
▲商品を撮影3:

DSCN0665.jpg
▲商品を撮影4:

DSCN0674.jpg
▲入選作品1:

DSCN0678.jpg
▲入選作品2:

明治薬科大学薬草植物園等を見学

2週間ぶりに晴れ狭山市植物友の会の観察会に参加した。5月の清瀬市野塩の明治薬科大学薬草植物園を見学した。東大和市の東京都薬用植物園より狭いが、珍しい植物に出会えた。その後柳瀬川の回廊を歩き、新緑を満喫した。

DSCN0585.jpg
▲白梅幼稚園のツゲのペンギンの歓迎を受ける。

DSCN0595.jpg
ヤマゴボウ:根に硝酸カリがあり有毒。若葉はアクを抜き食用になる。

DSCN0597.jpg
チョウジソウ:全草=有毒植物。β-yohimbineを含む。

DSCN0598.jpg
オガタマ(黄心樹、招霊木)?:モクレン科。先月赤塚植物園で見た、カラタネオガタマはバナナの香りがした。

DSCN0602.jpg
ワニグチソウ:2個の苞葉があり、その下に各々2個の花を付ける。花は筒状。

DSCN0604.jpg
ヒメウズ:左側が種を付けている所だ。

DSCN0608.jpg
トリアショウマ:枝の付け根が鳥の足に似ている。

FC2Ad

まとめ